仕事ができない人に有りがちな事。できる人になるには?

スポンサーリンク

「Aさんは仕事ができるなぁ」

という噂話を耳にする反面、

「B君は仕事がぜんぜん出来ない…」

といった対極の噂を耳にする事もあります。

全員が同じ能力を持っているなんて事はあり得ないので差があるのは当然の事なのですが、なぜ、ここまで対極の差が出てきてしまうのか?

今回は、『仕事ができない』とされる人の特徴と、そうならない為の改善策について解説します。

ひろゆき
もしかして、僕は仕事ができないって噂されているかも…。自信がないな…。
スポンサーリンク

仕事ができない人とは?

できない人を見下す

仕事ができない人は、自分よりできない人を見つけて、下に見る傾向があるとされます。

おそらく、見下す事によって「自分は仕事ができる人間だ」と、思い込みたいのでしょう。

しかし、これらは、

  • 井の中の蛙
  • どんぐりの背比べ
  • 目くそ鼻くそ

といった言葉がピッタリの状態。

本来の考え方は、仕事のできる人を見習って精進しなくてはなりません。

ことわざは昔からありますが、今も変わらず、そういった人が少なくないのが現状です。

改善策

見下す事によるモチベーションは基本的に良い方向に向きません。やはり、見習うべきは仕事のできる人間。

周りに一人はそういった人物がいるかと思いますので、見下す対象を作るのではなく、目標にできる人を探すようにしましょう。

意見を言わない

言われた事はそつなくこなすけど、自分発信では行動できない。

こういった人も少なくありません。

そして、こういった人は、周りから都合のいい人としか思われず、仕事のできる人という印象を与えません。

ご自身がそういった存在になっていないでしょうか?

改善策

大切なのは、自分の意見をしっかりと伝える事。「もっとこうした方がいいのに…」と思っている事があるならどんどん伝えていきましょう。

ご自身の意見から始まった事業があれば、周りの評価は格段にアップします。

言い訳が多い

自分に多少なりとも責任が生じることでも、他に関わった人が居る場合はそういった人の責任にしてしまう…。

これもまた、周りに信頼されず、仕事のできない人という扱いになります。

仕事には失敗が付きもので、時にはそれを認める事も必要です。

改善策

失敗をした時に、『言い訳』から始めていないでしょうか?言い訳をする事が染み付いている人は、謝っているつもりでも、気がつけば、言い訳になっている事があります。

失敗した時にどういった対応をしているか、改めて考えてみましょう。

言い訳をするのではなく、失敗を認めた上で改善策を講じるのが正しい選択です。

過去の経験を盾にする

「以前はこういった方法で問題なかったので…」

といった形で過去の経験や実績を盾にしていないでしょうか?

やり方はどんどん変わりますし、その時その時で臨機応変な対応が必要です。

覚えた事しかできない…。まさに、仕事のできない人の典型となってしまいます。

改善策

その場その場で必要な対応策を見つける必要があります。

過去のやり方も大切ですが、それがそのまま使えるかは考えてから行動するようにしていきましょう。

イエスマンで終わらない

日本人に多いのですが、上司の言う事にはなんでも「イエス」と答えてしまう人がいます。

しかし、時には、上司の判断より正しい判断ができるはずです。全て「イエス」と答えるのは上司にとって都合のいい存在ですが、本当に信頼されるのは、意見をしっかり言える部下となるでしょう。

改善策

自分の意見を言うには、相手の言うことを聞き肯定した上で、伝えると、角が立たず聞き入れてもらいやすくなります。

ハッキリ言えばいいという事ではないので注意しましょう。

スケジュールの考え方があまい

10日後までに終わらせる必要がある仕事があるとしたら、どのタイミングで仕事を終わらせるでしょうか?

小学生の夏休みの宿題ではありませんが、社会人になっても直前になってあわてて仕事を進める人がいますが、これでは、完成度が低くなるでしょう。

改善策

与えられた仕事は、与えられた地点から考えをまとめ進めていくようにしましょう。

時間に余裕があれば、後々考えついた良いアイデアを盛り込むことができるかもしれません。

夏休みの自由研究も、序盤から頑張った人と、終盤に一気に進めた人とでは完成度に大きな差がありますね。

自分が該当していないか考えてみよう!!

以上、仕事ができないと周りから思われる典型的なタイプを挙げましたが、あなたは該当していなかったでしょうか?

おそらく、多くの人が、一つ二つは身に覚えがあるかと思います。

是非、仕事のできる人になれるように改善してみて下さい。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク