直接応募と転職エージェントを通した場合どっちが有利不利?

スポンサーリンク

企業のウェブサイトにある求人に応募したり、ハローワークを通して応募したり、転職エージェントを通して応募したりと、転職にはさまざまな応募方法が考えられます。

そして、応募方法が多種多様あると、どの応募方法が有利になるのか?という事も気になる部分になってくるでしょう。

せっかく企業研究に手間をかけて応募をするのであれば、少しでも可能性の高い方法で転職活動したいところです。

スポンサーリンク

採用を迷っている場合は転職エージェントが強い

転職エージェントを使う強みの一つに、転職エージェントと企業の繋がりが太く『コネ』が存在しているという事が言えます。

もし、企業側が採用するかどうかで迷っている場合、転職エージェント側から『推薦状』や『口添え』をしてくれる事も少なくありません。

企業にとって適した人材を厳選してくれる転職エージェントの存在は欠かせません。
その転職エージェントからプッシュされた人材であれば一気に採用方向で検討される可能性もあるでしょう。
もちろん、転職エージェントと企業の信頼関係がなりたっているかによりますが、多くの場合、転職エージェントの後押しは大きな効力を発揮します。

支払う金額の違い

転職エージェントから採用すると、企業はその報酬として転職者の年収の30%程を転職エージェントに支払う事になります。

そのため、直接応募している人に比べて、『報酬を支払う必要のある転職エージェント経由は不利になるのでは?』という事が言われる事があります。

例えば、年収500万円の転職者の場合、

  • 転職エージェント経由・・・150万円
  • 直接応募・・・0円
  • ハローワーク・・・0円
  • 転職サイト・・・60万円前後

企業のウェブサイトなどを見て応募をする場合は、当然お金を支払う必要はありません。ハローワークに関しても雇用を促すために国が運営しているので費用はかかりません。

お金がかかるのは転職サイトもしくは転職エージェントで、この二つを比較しても転職エージェントの方が大きな費用がかかるようになっています。

【例1】

  • 直接応募1人
  • 転職エージェント1人

この2人が同等の評価で1人しか採用されないとしたら、このケースではやはり直接応募の方が有利という事になります。

150万円or0円、評価が同等であれば、この雇用にかかる費用も評価の一つとして比較されてしまうからです。

【例2】

  • 直接応募1人
  • 転職エージェント3人

4人いずれも採用基準をクリアしており1人を採用する場合は転職エージェントから採用する可能性が高まる事があります。
人事担当者は転職エージェントが大変な手間をかけ紹介している事を知っているので、複数人を紹介してもらった場合は数の心理も働き転職エージェントから採用する事が多いのです。

それに転職エージェント経由の人は、転職エージェントの担当者から『その企業がどういった人材を欲しがっているのか』という事を事前に聞けるので直接応募より的確に会社好みの受け答えができるという強みがあります。
スキルが同等でもアピールが的確ならそれが強みとなりますね。

実際、私も大きな企業で人事担当をしてきましたが、転職エージェント経由の人を圧倒的に多く採用していました。

転職エージェントに支払うお金は大きくない

転職エージェントに支払う金額が150万円という事で話しを進めますが、150万円という金額がどの程度企業にとって負担となるでしょうか?

人を雇うという事は、企業の将来への投資でもあります。

雇われた人は、貰っている給料以上の活躍をしなければ意味がありません。

例えば、年収500万円の人を20年雇うのであれば給料だけで1億円を必要とします。そう考えると150万円程度は微々たる金額です。

採用基準に達していなければ0円でも無理して雇う判断はしませんし、採用基準に達していれば、150万円でも採用します。0円でも150万円でも長い目で見れば大した差とはならないのです。

0円だから優先して採用する、150万円だから採用を拒む、そんな事をしている企業は先を見据えた判断ができていませんし、とっくに衰退しているでしょう。
転職エージェントを利用する企業は基本的に景気が上向きで将来を見据えている企業と言えます。

転職エージェントとの良好な関係を築く

前述の通り、転職エージェントは企業と太いパイプで繋がっており、転職エージェントの『口添え』次第でも採用を左右する事があるのです。

この口添えをしてもらうには、利用者も転職エージェントの担当者と良好な関係を築いていなくてはなりません。

「この人は我儘だし信用出来ない」と、判断している人を積極的に企業に勧めませんよね。

今後の企業との関係を考えると、本音で勧められる人を採用してもらいたいと考えるはずです。

そのため、『こっちは利用者だから、しっかり仲介してくれ』といった態度は厳禁です。転職エージェントの担当者にも気を使い転職の流れを進めるようにしましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク