転職で企業が求める実務経験や即戦力性はスキルのない普通の人かも!

スポンサーリンク
ひろゆき
実務経験が少ないと即戦力になれないし、なかなか応募しづらい求人も多いね。もっと選択肢を増やせるといいんだけど…。
ジョブ吉
確かに実務経験も大切なんだけど、企業が求める即戦力性と、応募者が思う即戦力性が異なっている場合も少なくないんだよ。今日はそういった部分を教えるね。
スポンサーリンク

企業が必要とする即戦力性

転職の求人では、即戦力性が求められることが多くありますね。

即戦力を求める理由は、特定の部署の人員が足りておらずその欠員のでた場所に人員を補充したいから。第二新卒の求人など状況によっては即戦力性を求めないこともありますが、多くの場合は、出来るだけ早く現場で働ける人員を探しています。

新卒採用では、即戦力性を求める事はできませんので将来性など応募者の潜在的な能力を見極めて選考しますが、転職は人員が足りない事による中途採用となるので、そういった将来性よりも即戦力性を重視して選考されるのです。

しかし、即戦力性が重視されるという事を聞くと「即戦力性を求めるという事は実務経験の少ない自分が転職するのは難しいのでは?」という疑問が浮かぶ方も少なくないでしょう。

  • どの程度の経験で即戦力なのか?
  • 会社が変われば通用しないのでは?
  • 異業種からは転職が難しいのか?

ただ『即戦力性』と言われても漠然とし過ぎて基準が分かりませんね。

確かに、企業が求めるのは、即座に会社の戦力として働いてもらえる優秀な人材かもしれませんが、なかなか都合よくこういった人材が見つかる事はありません。それに、人員が足りないわけですから、そういった巡り合わせをいつまでも待つわけにもいきません。

そのため、多くの求人は実務経験をそこまで問わない形で出されています。実務経験を重視してしまうと応募者数も限られてくるうえ、魅力ある人間性の人材を採用できない可能性も高まるからです。幅広く募集して、そこから魅力的な人材を探した方が会社にとってメリットとなる事も多いのです。

では、こういった求人での『即戦力性』とはどういったものなのでしょうか?

それは、すなわち社会人としてのビジネスマナーや基礎知識、スキルが備わっているという事です。

どれだけ経験を積んでいても会社が変わればやり方も変わり、即座に会社の戦力となるのは難しい部分があります。むしろ、過去のやり方に囚われてしまい、時間がかかるかもしれません。『そこまで実務経験を問わない求人』は、教えた事をしっかりと実践できるという基礎能力が備わっていれば十分なのです。言うなれば、社会人としてごくごく『普通の人』という事に。

「転職は難しいのでは…」と思っている方も多いかと思いますが、こういった考え方をするとハードルが下がり希望が見えてくるのではないでしょうか?

『普通の人』は基本マナーの教育が必要ない

新卒採用は、つい最近まで学生だったわけですから、社会人としての基本マナーが備わっていません。

そのため、会社によっては数ヶ月といった期間を使い新人教育を行うケースもあるでしょう。このような制度がなかったとしても、上司や先輩から学び徐々に身に付けていくものです。学生時代にマニュアルを読んだとしても、実践を積まない限りはしっかりとしたマナーは身に付かないのです。

こういった研修にはコストと手間、時間がかかります。そして、これらの基本マナーが身に付いているという事が中途採用の最大のメリットであり中途採用を行う理由となるのです。

基本マナーは社会人として1〜2年ほど過ごせば自然と身に付きます。そういった意味では第二新卒でも十分戦力として採用してもらえる可能性があるでしょう。

中途採用は人員が足りないという事情によって行われるので、早々に必要とされる部署に配属されます。基本マナーの備わっていない新卒採用では対応できないことなのです。

まずは、書類選考でアピールを

そうはいっても、特別なスキルを持っていないとなかなかアピールも難しい部分があります。数名の募集枠に何十という応募がされる事もあり、どれもこれも似たような応募書類だったとしたら、やはり同業種で実務経験を積んでいる人の方が有利という事に…。

応募書類は必ず目を通されるとは限りません。時にはパッと見でNGと判断され一生懸命考えたアピールが全く伝わらない事も。

応募書類には、手に取って読んでもらうコツ、そして、各記入欄でアピールするコツがあります。それらを把握してから書かなくてはなりません。特に倍率が高いほどこういったコツを掴んでいないと厳しくなるでしょう。

思わず会ってみたくなる魅力的な応募書類を作成するにはどうすべきか、応募書類の作成方法のコツで確認してみましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク