転職の応募書類の使い回しはバレない?それは甘い考え!バレる理由

スポンサーリンク
ひろゆき
応募した書類が送り返されてくるんだけど、他の企業に使ってもいいのかな?写真も貼ってるし勿体無くて…。
ジョブ吉
確かに、処分せずに送り返す企業が増えているね。勿体ないという気持ちも分かるけど、1回冷静に考えてみよう。

転職活動をしていると、応募書類が送り返されてくるという事があるかと思います。送り返す理由は、個人情報保護の観点からで徐々に返送する企業が増えています。

『応募書類が送り返されてくる=書類選考で通らなかった』

という事になりますが、この送り返された履歴書を他の企業に使い回す人が稀にいるのです。

確かに、履歴書は手書きで書いている事が多く手間がかかっていますので、「捨てるのはもったいない…」「もう1回使いたい…」という気持ちになるのも分かりますが、はたして使い回す事は問題ないのでしょうか?

スポンサーリンク

日付がネック

使い回すうえでもっともネックになるのは『日付』。

市販の履歴書やネット上にあるテンプレートには必ず日付記入欄があります。日付のマナーは、書いた日ではなく、投稿した日、もしくは持ち込んだ日です。つまり手元に履歴書のある最終日の日付という事です。

そのため、この日付が大きくズレこんでいると違和感を感じてしまいますね。一度、送り返されているのであれば、ほとんどのケースで1週間以上古い日付となっているはずです。

1週間以上古い日付の履歴書を受け取った人事担当者はどう感じるでしょうか?近年は、応募書類を送り返す企業がふえたため、使い回す人も後を絶ちません。そのため、人事担当者も使い回しには敏感になっており、「日付が古いし使い回しているのでは?」と疑問を抱いてしまうでしょう。そして、わざわざ疑いをもった人と会って面接までしようと考えません。

修正液もNG

中には、修正液で消して上から書き直すという強者も見かけます。

そもそも、履歴書に修正液はNGとされていますし、日付に使ってしまうのは、疑いがより強くなってしまうだけでしょう。

修正液が使われていると、「その部分をどう間違えたんだ?」という心理がでてより深く考えてしまうものです。

空欄もNG

稀に見かけるのですが、日付欄を空欄にして応募する人がいます。

中には直前に書こうとして忘れるケースもありますが、多くの場合は、使い回す事も想定して記入していないものと思われます。

このようなケースでもやはり、疑いが持たれ選考は不利になってしまいます。

そもそも落ちた書類

さらに根本的に何故送り返されてきたのか?という事も考えてみましょう。

送り返されてきたという事は、その応募書類は『選考から外れた書類』という事。書類選考を通過し、一次面接、二次面接と進んでいくわけですから、第一のハードルをクリア出来なかったという事に…。

もちろん、経歴や資格、スキルといった面で採用の基準に達していなかったために選考から外れた可能性もありますが、ほとんどのケースでは、人事担当者が書類を確認して『会ってみたいと思わなかった』のが原因です。

面接に進める人は、実際に会って話しを聞いてみたいと思える人、つまり書類から想像できる人物像に魅力がある人という事なので、その基準に至らなかったのです。

その魅力を感じてもらえなかった応募書類を使い回すのはいかがなものでしょうか?一定の基準に達し、魅力ある書類であれば、多くの場合、面接まで進めます。一度選考から落ちた書類は次の会社でも落ちる可能性が高いという事が言えるのです。

そもそも、会社ごとに企業研究をしてそれに合った自己prや志望動機を書かなくてはなりません。使い回すという事はどの企業でも使えるような抽象的な事を書いているという事に…。そういった書類では熱意が伝わりませんし、何社に送ってもよほどハードルの低い企業でない限り面接まで進む事は難しいでしょう。

身の丈にあっていない求人に応募していたケースは別として、送り返された書類は基本的に魅力あるアピールができなかったものと考えて下さい。

写真は使い回しOK

例外的に写真については使い回してもOKです。

1枚あたり数百円とけして安くないですからね。できれば有効に再利用したいところです。

ただし、古い書類から剥がす時は慎重に折り目を付けないように剥がして下さい。折り目が少しでもついた写真は勿体ないですが再利用できません。

写真は綺麗な状態が当たり前なので折り目は非常に目立ちます。新しいものと比べても違和感なく使える写真のみを再利用して下さい。

また、できるだけ新しい写真を使う必要があるので3ヶ月以上経っているものは使い回さない方がいいでしょう。

結論、使い回しはバレます!

返送された応募書類を使い回すという事を多々見かけますが、殆どのケースで使い回しがバレます!

人事担当者はその道のプロフェッショナル、何百、何千という書類を見ているので、日付や文章などさまざまな部分から見抜いてくるでしょう。多くの応募書類が送られてくるわけですから、わざわざそういった疑いのある書類を選ぶことはありません。

確かに、書類作成は手間がかかり大変な作業です。ですが、そこで頑張れるかが人生の大きな分岐点となる可能性もあるのです。

今の苦労が将来に繋がると考え、寝る時間を減らしてでも情熱を注いでみましょう。

ひろゆき
やっぱり、使い回すのは問題ありそうだね。自分でチャンスを潰しているようなものだ。
ジョブ吉
そうだね。すごく手間のかかる作業だけど一社一社しっかりと書類を作っていこう。写真は、カッターナイフを使うと上手く剥がれるよ!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク