【転職の履歴書】書くことがないなら空欄?それとも無理矢理書く?

スポンサーリンク

転職活動を行うにあたり必ず必要になる履歴書。本人の名前、住所などの基本情報や、学歴、職歴、志望動機など選考に必要とされる情報も詰まっており、転職において大切な役割を果たします。

しかし、それだけ重要な存在となると、『空欄(空白)はマズイのかな…』という不安がでてしまいますね。

履歴書によっては『希望給料額』といった欄も用意されているので書きづらいと感じる項目がある事も少なくないでしょう。

そんな時は、果たして空欄にしていいのか…。

スポンサーリンク

空欄のままにせず一言添える

結論から言うと、書くことがどうしても見つからないという場合は無理して書く必要はありません。

かといって空欄のままではあまり印象が良くないので「特にありません」といった形で一言添えるようにしましょう。『希望給料額』などは「貴社の規定に従います」といった形にするのも印象がアップするでしょう。

FAX欄が用意されている事もありますが、FAXを持っていない人も少なくないですね。こういった場合は、そのまま「なし」と記入しましょう。

ただし、あまりにも『なし』『特にありません』『貴社の規定に従います』といった言葉が並んでいるのも書いている人の人間味を感じられなくなってしまうので、使っても1〜2ヶ所に抑えたいところです。

連絡先の電話番号とメールアドレスは空欄でOK

基本的に空欄を作るのはNGですが例外として『連絡先』の電話番号とメールアドレスは空欄でもOKとなる場合があります

ほとんどの履歴書には『現住所』と『連絡先』の2つの住所欄がありますね。必ずしも、現住所で郵便物を受け取るのが連絡が取りやすい手段とはならないので、連絡の取りやすい方法を別で記入できるようになっているのです。

そして、『現住所』と『連絡先』、それぞれに電話番号とメールアドレス記入欄が用意されている履歴書も少なくありません。

例としてこちらのようなタイプの履歴書ですね。こちらはメールアドレス記入欄がありませんが、現住所と連絡先それぞれに『電話』の欄が設けられています。

まず、現住所と連絡先の住所が同じ場合は、同じことが二つ続くのはNGとなるので、連絡先の欄には『同上』と記入します。

そして、このケースでは連絡先も基本的に同じものになるかと思います。同じ事が2つ続くのはNGで、『同上』という事になりますが、連絡先の住所欄に『同上』と書いている以上その状況は十分に伝わっているのでわざわざそれを伝える必要はありません。

このような理由から、連絡先の『電話番号』や『メールアドレス』は空欄のままでも問題ない場合もあるという事になります。

履歴書の右側はできるだけ記入

履歴書の左半分は、名前や年齢、住所、連絡先など、個人情報など基本的な情報を記入するスペースとなっているので無理に埋める必要性がなく、状況に応じて『なし』『空欄』といった形をとっても問題ない、という事になります。

ですが、履歴書の右半分に関しては、免許資格欄、自己PR、志望動機、本人希望欄といった自分を売り込むアピールの場となっています。

これらの項目に空欄を作ってしまうのは好ましくありませんね。出来るだけ全ての項目を埋めてしっかりとアピールしたいところです。

履歴書の左半分と右半分では役割が全く異なっているのです。

例外として、免許資格欄は、持っていない時は記入しようもないので、下手に関係のない資格やレベルの低い資格を記入するより、『特にありません』とした方が潔いでしょう。無い袖は振れません。

また、資格取得に向けて勉強をしているといったケースでは自己PR欄にその旨を書きます。免許資格欄はあくまでも取得済みのものを記入する欄となるので注意しましょう。

緊急連絡先

稀に緊急連絡先欄が設けられた履歴書があります。

ご実家に設定したり、ご自宅に設定したり、状況によってさまざまですが、緊急の連絡先がないという事も少なくないでしょう。

そういった場合は、「緊急時は携帯電話にご連絡下さい」といった形で記入しましょう(通常の連絡手段に記入した連絡先を指定する)。

緊急連絡先がない場合でも『なし』や『特になし』とは記入しないという事です。

ひろゆき
埋めるべき項目と、無理してまで埋める必要のない項目があるイメージだね。
ジョブ吉
その通り!自分をアピールする項目だけはしっかりと埋めて、あとは臨機応変に『空欄』や『なし』を使おう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク