転職エージェントで転職活動する場合の面接のお礼状

スポンサーリンク

多くの方が、新卒の就職活動を経験しているかと思いますので『お礼状』というものを利用した事があるかと思います。

お礼状とは、面接に時間を割いてくれた事に対する感謝の気持ちを手紙にして面接官宛てに送るというものです。

しかし、転職活動では『お礼状』という言葉をあまり耳にしません。
同級生と一斉に就職活動をするわけではないので耳にする機会がないだけなのか、それとも必要としないのか、今回は、お礼状について解説します。

また、転職エージェント経由で面接を受けた場合にどうすべきかも確認していきましょう。

スポンサーリンク

転職活動でお礼状は必要?

先に結論ですが、転職活動では基本的にお礼状を必要としません。

「送るのがマナー違反」という事でもないのですが、お礼状を送らないのが一般的となっているのです。

というのも、転職では一斉に面接を受けるわけではないので、面接を受けた段階で、合否がある程度確定しており、それはお礼状を受け取ったからといって変わるものではないのです。

むしろ、お礼状を受け取ったら、読む手間が増えるだけなので心象を悪くしてしまう事もしばしば。

時には、『媚びている』ように受け取られる事もあります。

感謝の気持ちを伝えているつもりが、媚びていると思われる…。これは最悪の結末ですね…。

ただ、時には、合否に迷っている時に、お礼状が決め手となり次の面接に進める事もあるとされます。
転職活動ではお礼状を送らないのが一般的なので、その中で、お礼状が届くと目立ちますからね。

どちらに転ぶかは、面接官次第なので、結論が出ないのが実情です。

ただ、もし送るのであれば合否が微妙なラインの時の方が良さそうですね。自信があれば下手に悪影響を与えるリスクを負う必要はありません。

もし、お礼状を送る場合は、マナーとして面接当日に送るようにして下さい。転職活動の合否は早い段階に決まるので、数日後に送っていては意味を成しません。

また、ハガキや封筒が基本ですが、メールで済ませても問題ありません。

結論

基本的にお礼状を必要としません。お礼状を送らないのが無難な判断となるでしょう。
ただ、合否に自信がない場合や合否ギリギリのラインにいると考えている場合は、お礼状を送るのも有効な手段となる場合があります。
面接官によって受け取り方が異なるので、判断が難しいのですが、面接での印象などからも考えてみて下さい。

転職エージェント経由で面接を受けた場合のお礼状は?

転職エージェント経由で面接を受けた場合は、同じ転職活動でも少し状況が異なってきます。

というのも、基本的に転職エージェントを経由した場合は、面接の日程調節など、交渉事は全て転職エージェントが間に入り進めていく事になるので、企業と求職者が直接やり取りをする機会はほとんどないのです。

このような事情から、お礼状も企業の人事部に直接送り届けるという事はしません。

そして、お礼に関しては、転職エージェントの担当者が面接官へと伝えてくれているので、失礼になるような心配もありません。

ただ、どうしても直接面接のお礼をしたいという場合は、その旨を転職エージェントに伝えてみましょう。

基本的には、「必要ないですよ」と言われてしまいますが、時には融通を効かせて転職エージェントを通してお礼状を届けてもらえる事もあります。

注意点

転職エージェントは、企業と直接やり取りする事を嫌います。

わだかまりを作らないよう、必ず、転職エージェントに相談してからお礼状をどうするか判断しましょう。

お礼状は、面接に時間を割いてくれた事へのお礼の気持ちですが、必ずしも必要としないので、臨機応変に考えていきましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク