【あがって思うように話せない…】面接で緊張しない方法

スポンサーリンク

「面接で緊張して伝えようとしていた事の半分も話せなかった…」

就活や転職活動を経験した人の多くがこういった感情を持った事があるかと思います。

面接という僅か30分ほどの時間で今後の人生が大きく左右されるわけですから緊張するのはごく当然の事ですね。

「緊張するタイプではないし大丈夫」という人であっても、本命の企業には「内定もらえるだろうか…」という不安があるもので、誰もが不安を抱えながら面接に挑んでいます。

本命の企業に対しては、入念に企業研究をして、徹底して面接練習を行っているかと思います。
面接まで進んでいるという事は、書類の段階で基本的な項目をクリアしているので、その積み重ねをフルに生かせれば十分内定をもらえるはずです。
大切なのは、それをシミュレーション通りに伝える事。

スポンサーリンク

緊張する理由と改善方法

緊張する理由は一つとは限りません。どれに該当するかを考え改善策を試してみましょう。

セロトニン不足

精神を安定させる作用がある脳内物質に『セロトニン』と呼ばれるものがあります。

このセロトニンが不足した状態では精神が安定せず、不安を強く感じたり、普段以上に緊張してしまいます。

日々のストレスで現在人はセロトニンが不足しがちだと言われています。そして、面接という強いストレスを感じるとますます不足して極度の緊張状態となってしまうのです。

改善方法
セロトニンが不足している時は、そのセロトニンを多く分泌させるしかありません。

  • 朝早く起きる・・夜は早めに寝て朝早く起きる。規則正しい生活がセロトニン神経の活性化に有効とされます。
  • リズミカルな運動・・踏み台昇降運動など一定のリズムで行う運動をするとセロトニン神経が活性化するとされます。
  • 太陽光を浴びる・・太陽光を浴びる事によって脳の覚醒を促すセロトニンが分泌されます。
  • 食事でよく噛む・・咀嚼という動作もリズミカルな運動とされ、セロトニン神経の活性化に繋がるとされます。

比較的どれも試しやすく、面接当日に取り入れる事も可能ですね。『セロトニン』を普段意識する事はありませんが、面接当日だけは少し意識して活性化してみましょう。

マイナス思考

面接では、

  • 失敗するかも…
  • 面接が苦手…
  • 頭が真っ白になったらどうしよう…

と、マイナス思考になってしまいがちです。個人差はありますが、完全にプラス思考で挑めるという人はまず居ないでしょう。

マイナス思考の状態では緊張状態となってしまいます。

改善方法

マイナスの事を考えだすとどんどんネガティブになってしまいがちです。
そんな時には過去の成功などを思い浮かべてみましょう。

例えば、

  • 新卒時の面接に上手く話せた事
  • 結婚式の友人代表が好評だった事
  • 会社でのプレゼンが上手くいった事
  • 学生時代にスピーチをした事

などなど。何かしら成功した経験があるはずです。

成功体験を思い浮かべれば、自然とマイナス思考も抑えられるはずです。

過去の失敗がトラウマになっている

「過去に面接で失敗して大本命を逃している…」

こういった経験をしている人は、面接というだけでこの事を思い出し極度の緊張状態になってしまいがちです。

人間の防衛本能や反射的な感情でしょう。

改善方法

こちらに関しても、過去の成功を思い返してみましょう。
失敗ばかりではなく成功も収めてきているはずです。

失敗に囚われていては、再び同じ事を繰り返してしまいます。

自信の無さ

「面接に自信がない…」という感情も緊張に繋がってしまいます。

改善方法

自信の無さから緊張するのは、十分な準備ができていないという部分が大きく作用します。

企業研究をして面接の練習を何度も反復していれば自然と自信に繋がるものです。

面接練習に関しては、実際に人と対面して行った方がより自信に繋がるでしょう。
ご家族や知人に手伝ってもらい反復して練習しましょう。

直前にできる緊張をほぐす方法

上記のような改善方法を試しても、面接当日に多少緊張してしまうのは仕方のないことです。

そこで、直前にできる緊張をほぐす方法も取り入れてみましょう。

ストレッチをする

緊張をすると筋肉が硬直した状態となってしまいます。

時には手足が震えてしまう事も…。

その状態では練習してきた受け答えもまともに出来ません。

そこで、硬直した筋肉をほぐす為に、軽いストレッチをしてみましょう。背伸びや屈伸など手軽にできるもので十分です。

ただし、面接会場についてからでは目撃されてしまうので、会場に着く前にしておきましょう。

深呼吸

緊張状態では呼吸が早くなってしまいがちですが、その反面、呼吸が浅くなってしまいます。

この状態では肺の隅々まで酸素がいき届く事はありませんので、深く深呼吸をして十分な酸素を取り入れましょう。

落ち着く効果があり緊張もほぐれますし、酸素不足の脳では柔軟な発想はできませんので緊張をほぐす以外の効果も大きいものがあります。

これなら面接直前にも可能ですね。

最後に

以上が緊張への対策になります。

面接という特殊な場面では「緊張するな!」という方が無理な話。しかし、ガチガチに緊張していては、練習してきた事が生かせなくなってしまいますね…。

大切なのは、その緊張をできるだけほぐす事。程よい緊張感はいい結果を生む事にも繋がりますので、紹介した方法を試して緊張軽減に繋げましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク