転職で企業に内定の承諾をする時の電話マナー、時間帯など

スポンサーリンク

転職活動で内定の連絡をもらってその企業に就職するのであれば、それに対して『承諾』と『お礼』の連絡をしなくてはなりません。

しかし、その企業が本命の企業で迷いなく『働く』という選択肢で考えている場合でも、嬉しさのあまり時間や連絡内容を考えずに連絡してしまうのはNG。

社会人として、マナーを考えた時間に連絡をしなくてはなりませんし、『よろしくお願いします』とだけ伝えても中身の薄い内容となってしまいます。当然、喋る事に詰まってしまうのも良い印象にはなりません。

スポンサーリンク

メールでの返信はNG?

多くの場合、内定の連絡は『メール』や『書面』できます。

そのため、
「メールで連絡がきたからメールで承諾とお礼を伝えるべきなのでは…」
という考えもあるかもしれません。

ですが、より丁寧に自分の言葉で伝えるために電話でお礼を伝えるのが一つのビジネスマナーとなっていますので、いずれの連絡方法で内定の通知がきても電話でお礼を伝えた方が無難となるでしょう。

午後3時〜5時前が理想

もし、事前に「〇〇時頃に連絡がつきやすい」という事が伝えられている場合はその時間に電話連絡を入れるのがマナーとなりますが、そうでない場合は、『午後3時〜5時前』を一つの目安にして連絡をしてみましょう。

始業時は、バタバタと仕事にとりかかっている可能性がありますし、お昼前後やお昼に連絡をしてしまうのも忙しい時間に重なってしまったり、休憩を邪魔してしまう事になります。

また、終業前に関しても、帰宅の時間をズラす事に繋がってしまうので控えたいところ。転職先の終業時間は把握しているはずなので少なくとも終業30分以上前を選択するようにしましょう。

そのため、5時前までというのも一つの目安でしかありません。5時に終業する企業であれば4時半までには電話しておきたいところです。

たとえ、内定の通知をされている場合でも、『非常識な人間』や『間の悪い人』と思われてしまうのはあまり良い事ではありません。

これで内定を取り消されるような事もありませんが、働き始める前からマイナスの印象を与えるのは避けたいところですね。

電話の内容にも注意を!

電話をかける時間だけでなく、当然、伝える内容も重要です。

電話をかけたものの、内容がまとまっておらず会話に詰まってしまうというのもよくある話なので、どういった内容を伝えるべきか、メモ帳などに整理してその内容に沿って会話を進めるようにしましょう。

また、メールと違い、電話は言葉と言葉のキャッチボールによって成り立つので想定外の会話になる事も考えられます。
その時は、事前に決めておいた内容だけで話しを進めようとするのではなく、相手の意見を聞きつつ柔軟に会話をする姿勢も大切です。

メールに比べて人間性も出やすいので、一方的な会話にならないように、最低限伝えるべき内容と、話の流れ次第で伝えるべき内容など、話の重要性の順位を定めておくと便利かもしれません。

また、世間話をこちらから切り出す必要もありませんので、簡潔に済ませる事も重要です。

伝えるべき事と基本的な順序は、

自分の名前

担当者以外が電話に出た場合は、
「先日、面接を受けさせていただいた〇〇です。人事担当者の〇〇さんはいらっしゃいますか?」と伝え、実際に担当者が出た時に、再び「先日、面接を受けさせていただいた〇〇です」と状況が伝わりやすいように名前を言うようにしましょう。

内定へのお礼

内定の連絡をいただき誠にありがとうございました。

内定承諾の意思

御社からの内定をありがたくお受けしたいと考え連絡をさせていただきました。

必要手続きの確認

「入社までに必要な書類等がありましたらお教え下さい(お教え願います)」メールに詳細がある場合は省いてもOK。

抱負

「期待に応えられるように頑張ります」など、簡潔な言葉でOK。

もちろん、一気にこれらを読み上げるわけにはいきませんので、会話の流れに沿って伝えていくようにしましょう。

多くの場合、

「先日、面接を受けさせていただいた〇〇です。内定の連絡をいただき誠にありがとうございました」

というお礼を伝えた段階で、相手からのリアクションがあるはずです。「一方的に話す人」「慌ただしい人」という印象を与えないためにも、喋る都度、『間』を置くようにしましょう。

内定承諾の電話で試される事も!

内定を出しているのにわざわざ嫌な印象を与えようとする人事担当者も少ないのですが、
稀に「面接の時は勤務時間に納得していない反応をしてたけどそれは問題ないんですか?」といった形で内定承諾の連絡を入れた時に試すような会話を切り出される事もあります。

多くの場合、こういった事を想定して電話をしていないので、態度に出てしまう事が多いのですが、そういった部分にも納得をして内定承諾の電話の入れているはずなので、柔軟に対応するようにして下さい。

例としては、
「はい、全く問題ありません。御社で経験させていただける事は私にとってスキルアップに繋がると考えています」
など、さりげなくプラスに持っていけるのが理想です。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク