【転職の面接】出されたお茶は飲んでもいい?飲み方は?

スポンサーリンク

転職の面接にいくと、お茶をだしてもらえる機会もあります。

面接では礼儀作法の一つ一つを確認されるわけですから、お茶の飲み方一つとっても慎重に行いたいところですね。

面接でお茶が出されるのは、主に役員クラスの面接や中小企業の面接が多く、お茶の飲み方一つで選考に影響を与えるような事はほとんどありませんが、マナーを守るに越したことはないでしょう。些細な事ですが、面接の受け答え以外で心証を悪くするのは勿体ない事です。

どういった部分に気をつけるべきか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

お茶の出るタイミングで対応を変える

お茶の出るタイミングは面接の席に座ってからですが、その中でも2パターン、

  • 面接が始まる前
  • 面接が始まってから

とに分けられます。

まず、面接が始まる前は、声を出して「ありがとうございます」と言うようにしましょう。この段階では、面接の邪魔をする事がないので声を出してOKです。

むしろ、声を出さないと「暗い」「雰囲気が良くない」といった印象を与えてしまうかもしれません。風通しのいい会社では、そういった情報が人事担当者に伝わる事も考えられるので注意したいところです。

一方、面接が始まってからは、面接の流れを遮ってしまう可能性があるので、声を出さずに会釈だけで済ませましょう。

面接官が話している、もしくは応募者が一生懸命話しているのを面接官が聞いている途中で、遮ってまでお礼を優先するべきではないのです。その状況はお茶を出す人も面接官も分かっているので問題ありません。

飲んでいいという指示があるまで口をつけない

会釈やお礼を言ってお茶が出されたとしても、面接官の指示のないまま口をつけるのはNGです。

「どうぞ」

「飲んでください」

といった声をかけてもらうのを待ちましょう。

また、何も言わずに飲むのではなく、「いただきます」と言ってから口をつけるようにして下さい。

それでも、面接官がお茶に口をつけるまで飲みづらいかもしれませんが、「どうぞ」と言われたタイミングで飲んで問題ありません。

面接官「どうぞ」

応募者「いただきます」

そのまま口をつける

これは声をかけてもらった事に対する礼儀のようなものです。飲みたい気分でなくても、一口程飲むようにしましょう。

その後の飲むタイミング

その後は、会話の流れを考えタイミングを見計らって飲むようにします。

  • 相手がお茶を飲むタイミング
  • 会話の切れ目になるタイミング

面接官が喋っている時は、相手の目を見て集中しなくてはならないので、このタイミングにお茶を飲むのは心証を悪くしてしまいますし、自分が喋っている時も途中でお茶を飲むのはあまりいい行動とは言えません。

※緊張のあまり声が出なくなり、喋っている途中で「失礼します」といってお茶を飲む人がいますが、これは面接官にもお茶を飲む事情が理解できるのでOKです。

お茶を飲む時は少なくとも2〜3秒は流れを遮断する事になりますので、面接官が飲むタイミングに合わせるか、面接官が資料を確認している間など、流れを途切れさせる事がないタイミングを伺いながら飲みましょう。

タイミングが無いようでしたら、最初の一口以降は無理に飲む必要もありません。

その他のマナー

細かな部分もありますが、一つ一つのマナーを把握しておきましょう。

がぶ飲みはNG

稀に、勢い良く飲む人がいますが、これもあまり良い印象を受けるとは言えません。

夏でも、のどが渇いていても、少しづつ数回に分けてゆっくり飲むようにしましょう。

いただくのもマナー

面接官から「どうぞ」という指示がない場合は飲むタイミングのないまま面接が終わってしまいますが、出されたお茶に口をつけるのも一つのマナーとなります。

そのため、面接が終わったタイミングで「せっかくですので、いただきます」と断りを入れて飲むようにしましょう。

飲み干す必要はありませんので、一口二口飲む程度で問題ありません。

飲んだら「ごちそうさまでした」とお礼を言うようにしましょう。

リップや口紅は拭き取る

リップクリームや口紅は、片付ける時、洗う時にいい気分がしないものですので、付いた場合はしっかり拭き取るのがマナーです。

口をつける都度拭き取る必要はないので、面接が終わったタイミングなど、もう飲む事がない時に拭き取りましょう。

・・・

以上がお茶を出された時のマナーとなります。余程特殊な事をしなければ心証を悪くする事もないかと思いますが、基本的なマナーをおさえてから面接に挑みましょう。

ひろゆき
お茶を出された時にもさまざまなマナーがあるんだね。1回お茶を出してもらった事があるけど、マナーを守れてたか微妙だな…。次からは気をつけるようにしよう。
ジョブ吉
お茶を出された時のマナーまでは調べない人が多いからね。些細な事だけど、一緒の仕事をするなら礼儀正しい人の方がいいに決まってるからね。心証を悪くしないようにマナーを覚えておこう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク