いい企業があれば転職しようかな?なんとなくで求人応募すると失敗する

スポンサーリンク
ひろゆき
友人がいいところがあれば転職したいって言うけど、なかなか決まらないみたい。
ジョブ吉
『なんとなく』という感覚で転職をする人は少なくないんだ。でもね、その感覚で転職をして成功する例はごく僅か。なぜ、多くの人が失敗してしまうか、それを把握しないと友人も失敗してしまうよ。
スポンサーリンク

なんとなくの転職は失敗のもと

  • 今働いている会社よりいいところがあれば転職したい…
  • 急ぎではないけどどこかいい企業ないかな…

といった感覚で「なんとなく」「漠然と」転職活動を始める人は少なくありません。特に近年はこういった理由で転職活動をする人が増えつつあるといいます。

理想の転職理由は、「自身のキャリアを高めたい」「培った技術で次に挑戦したい」といったキャリアアップかもしれませんが、実際の転職理由がこういったことだけでないのは仕方のない事でしょう。

しかし、中途半端な覚悟で転職活動を始めてもほぼ良い結果には繋がりません。

というのも、大きな企業や倍率の高い優良企業ほど面接の回数を重ねる傾向にあり、応募者の本気度を見抜いてきます。もし、スペックが同等の人が応募してくるのであれば、必死にその企業にアピールをして熱意を感じさせる人を優先して採用しますよね。「なんとなくとはいっても本気でアピールする!」という意見もあるかもしれませんが、最初から本気で転職をしたい人の熱意にはやはり勝てません。

問題なのは、後で後悔する事

なんとなく転職をしたいという考えであれば、採用されなくてもそこまで落ち込む事はないかもしれません。

しかし、そこから徐々に転職への意識が高まってきた場合、それまでの転職活動に大きな後悔をしてしまうかもしれません。

というのも、なんとなくで応募していた企業であっても何かしらの魅力を感じ応募をしていたはずです。もしかしたら、その企業はあなたにとって最大のチャンスになる企業だった可能性もあるのです。

『本気で転職活動を始めてからいろいろな求人を確認しているけど、その時の企業ほど好条件の会社は見つからない』という事も十分考えられるでしょう。

「そんな事なかなかないでしょ」といった受け取り方をされるかもしれませんが、転職エージェントの話しでは、本気で挑まずに後悔をする人は少なくないし、そういった失敗をした人は自信をなくしその後の転職活動にも影響を与えてしまうとのこと。

「落ち込む」「自信をなくす」という心理は転職活動に悪い影響を与えます。そういった感情は面接にも表れ自信の無さから『頼りなさ』を感じ取られてしまうのです。転職における負のスパイラル。できる事ならこういった事態は避けたいところですね。

隠れ『なんとなく』が多い

「私は『なんとなく』ではない」と思っていても本当にそうでしょうか?

もしかしたら潜在的には『なんとなく』で転職活動をしているかもしれません。

例えば、

  • 仕事にやり甲斐がない
  • モチベーションが上がらない
  • キャリアアップを目指したい

これらの理由で転職をする人は少なくありません。しかし、本気度は人それぞれですね。キャリアアップを目指すのにも、向上心を持って「絶対、出世してやるんだ!」「技術を磨いて大金を稼ぐんだ!」と本気で挑む人もいれば、「漠然としているけどキャリアアップに綱がる転職ができれば…」と、モチベーションがやや低い状態で転職活動を始める人もいます。

皆様の転職理由をよくよく考えると、

  • なんとなく仕事にやり甲斐がない
  • なんとなくモチベーションが上がらない
  • なんとなくキャリアアップを目指したい

これらに該当する可能性はないでしょうか?

もし心当たりがある人は要注意です。そのままで転職活動を続けると、先ほどのように本命の企業を逃してしまうかもしれません。

何でも応募するというのは危険

目標が漠然としていると、応募先の職種が定まらない事も少なくありません。

「この企業も魅力だし、こっちもいいな…」といった感覚ですね。そのため、なんとなくで転職活動をしている人は手当たり次第応募をしてしまうという傾向にあります。

しかし、こういった応募方法は、企業研究が疎かになってしまいます。職種が絞れている場合は、複数の企業に応募をしたとしても、企業研究の方向性も定まっており、共通する事や比較をしてより深い部分まで理解ができますが、職種がバラバラである場合は、職種ごとの研究量が圧倒的に少なくなり、他の応募者に比べ中身の薄い志望動機や自己PRとなってしまいます。

その結果、内定をもらえずに全滅をしてしまうという事も少なくありません。

先程も触れましたが、企業側は『本気度』を見抜いてきます。面接官はこれまでに幾度と無く面接をしているプロフェッショナル。「この人からは働きたいという意思を感じないな」という事は簡単に把握できてしまいます。

複数社に応募する事自体は間違っていません。ですが、企業研究をしっかりして面接対策を万全にできる範囲で応募をするようにしましょう。

何故『なんとなく』なのか考える

根本的になぜ『なんとなく』で転職をしたいのか改めて考えてみましょう。

不満であれば不満を、キャリアアップであればキャリアアップを、転職したい理由を改めて整理してみて下さい。書き出してみてもいいかもしれません。

転職理由を改めて考えてみて、5年後10年後、今の企業で働いている自分が想像できるでしょうか?もし「それはあり得ない」「絶対転職している」という事であれば、本気の転職を考えなくてはなりません。逆に、「このまま10年後も働いているんだろうな…」と思う場合は、中途半端に転職活動をしても失敗してしまう可能性が高いでしょう。転職しても今以上に不満を持った企業に務める事になるかもしれません。

「絶対転職をする」という人は、後はタイミングの問題ですね。スキルをもっと磨いた方がいい場合もありますし、年齢的に一刻も早く転職活動を行った方がいい場合もあります。ちなみに、30代後半になると一気に転職市場が狭くなりますので注意が必要です。

ひろゆき
確かに、その通りだね。本気で転職を目指している人には熱意では勝てないし、勉強量でも勝てるわけないもんね。
ジョブ吉
条件の良い求人から応募するわけだから、どんどん魅力ある求人が減ってしまうんだ。一言で言うと『勿体ない』。本気度を上げてから転職活動を始めるように友人にも伝えた方がいいよ。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク