離職期間が長い時の面接での受け答え例文。どれぐらいで長いと判断?

スポンサーリンク
ひろゆき
友人が海外から戻ってきたんだけど、離職期間が半年もあるんだ。就職できるのかな?
ジョブ吉
その半年の間にどういった事を行っていたか、面接官が安心する事を説明できると問題なく就職できるはずだよ。海外となると、向上心や積極性といった部分も評価されるしね。
スポンサーリンク

離職期間が長いとされる目安

離職期間(ブランク)が長いと必ずその点を面接で指摘されてしまいます。

どの程度から長いと判断されるかはそれぞれですが、1ヶ月程から確認される事もありますし、少しでも『離職期間が長くなった』という感情を持っているのであれば、それに対する受け答えを用意しておかなくては面接の時に慌てる事になるでしょう。

ちなみに、離職してから転職活動をしている場合は、1ヶ月程度の離職期間があることはざら。
そのため、こういった短期間で離職期間の事を聞かれる時は、離職していたこと事態を不審に思っているのではなく、例え転職活動をしながらの1ヶ月でもどういった過ごし方をするのか、という事を見極めようとしているのです。

そういった期間でも目的意識を持って行動できる人は向上心があり、働き始めてからも意欲を持って仕事に取り組めると判断されます。

離職期間が3ヶ月を超えてくると、今度は不安や不審な気持ちが一気に強くなっていきます。転職活動の期間は3ヶ月が1つの目安とされており、その期間内に内定をもらえないという事は何かしらの問題があるのでは?と、考えられてしまうのです。離職期間が1ヶ月の時と3ヶ月以上の時では同じ質問をされたとしても重視される度合いは全く異なっているという事です。

「気がつけば時間が過ぎて何もしてこなかった」といった印象を与えてしまえば完全にマイナス印象。失業期間が長くても、目的意識をもって活動していた事を伝えたいところです。

面接担当者が気にする点

ブランクが長い人に対してどういった不安を抱いてしまうのか、まずは面接官の心理から考えてみましょう。

  • 日々変化するビジネス環境から遠ざかっている
  • すぐに適応して働けるのか
  • 働く意欲が低いのでは
  • 仕事に対するモチベーションが保てないのでは
  • ダラダラと過ごしているのでは
  • 転職活動を本気でしてきたのか
  • どの企業も採用したがらなかったのでは
  • 健康に問題があるのでは
  • そもそも、働く気がないのでは

といった部分が不安視されてしまいます。

離職期間が長い事への対策

離職期間が長いと、どういった過ごし方をしていたか見えてこないという部分に不安を抱いてしまいますね。

そのため、

  • 目的意識をもって行動していた
  • メリハリをつけ過ごした
  • 働く準備をしていた

ということを具体的に伝える事が重要です。

内容としては、

  • NPO活動に参加していた
  • 知人の会社を手伝っていた
  • 本を読んだ
  • 資格取得を目指し勉強した
  • 趣味の〇〇をしていた
  • リフレッシュで旅行に行った

などが挙げられます。

NPO活動や知人の会社を手伝った場合は、その具体的な内容についても触れましょう。それにより身に付けた事や学んだ事を語るのも有効です。

本を読んだ場合は、どういった本を好んで読んだかなどにも触れ学んだことを話しましょう。

資格取得に関しては、応募先でも使えることでないと「うちは本命ではないのかな」といった印象を与えますので注意が必要。関係のない事を勉強していたのであれば、別の理由を探した方がいいでしょう。

趣味に時間を使ったり、旅行に行った場合も、「リフレッシュする時間を過ごして、現在は働く意欲も高まっている」という事を伝えましょう。

仕事に役立つ事にこじつける必要はない

「離職期間を使って応募先の企業で使えるスキルを身に付けていた」という事をアピールするのが有効だと考え無理矢理でも共通点を探しだそうとするケースが多いのですが、必ずしも関連性のある過ごし方が好まれるわけではありません。

もちろん、役立つ事を実際にしていた場合は、その事をアピールすれば有効ですが、中途半端な事をアピールしても掘り下げられ「上辺だけでものを言っている」といった判断をされてしまうだけでしょう。

それよりも、ダラダラ無駄な時間を過ごしていたのではなく、メリハリを持って規則正しい生活をして新しい事へのチャレンジや離職期間だからこそできる事を積極的に行っていた事をアピールできれば好印象となる可能性が高くなります。

離職期間という貴重な時間を、有意義に過ごし、リフレッシュや成長に繋げた事、今現在は働く意欲に満ちているという事を伝えましょう。

ただし、離職期間が1年以上になると「仕事の感覚が衰えているのでは」という部分が不安視されます。
こういった離職期間が長いケースでは、感覚が衰えないように努力した点や、応募先に関する勉強を行ってきたかも重要視されます。現場から遠ざかりすぎると、即戦力性が未知数となるので離職期間中でも勤務に関係のある事をしていたかが大切となってくるのです。

病気をしていた

病気をしていた場合は、その事を正直に伝えましょう。

後々、社会保険の手続きでバレてしまうので隠しても問題になるだけです。

病気が完治している場合は、その事をしっかりと伝え、まだ治療が必要な場合も正直に伝えましょう。

ただ、病気に関しては、言葉だけでは説得力がないので「もし、必要でしたら診断書をお持ちします」という事も伝えましょう。

「問題なく働らける」という確証がなくてはなかなか採用には至りません。

回答例

例文1

在職中ではできない事をやろうと思い、海外に留学し英語を身につけるよう勉強をしていました。身振り手振りを交えてですが、日常生活をおくれるようになり目標は達成できたと考えています。

先月、帰国し現在は気持ちを切り替えて転職活動を行っています。

例文2

かねてから参加しようと考えていたNPO活動に参加していました。在職中では経験できない貴重な時間を過ごせたと考えています。

現在は活動に区切りをつけ、転職活動に本腰を入れています。

例文3

〇〇の資格取得に向けて勉強をしていました。検定の時期がまだ先で資格取得には至っていませんが、勉強も一段落し現在は転職活動に力を入れています。

〇〇の知識を生かし御社に貢献したいと考えています。

ひろゆき
確かに、離職期間が長くてもどう過ごしたかによって良い印象を受けるね。
ジョブ吉
友人も海外に行っていたのなら理由は説明しやすいし、早めに転職も決まるんじゃないかな。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク