転職エージェントでは応募前にも内部選考がある!落ちる理由とは

スポンサーリンク

直接応募やハローワークを通して応募した場合は、基本的に書類選考の段階まで進む事が可能です。

直接応募は、人事担当者が直接書類を受け取るわけですし、ハローワークでも「ここの企業は厳しいかも…」といった事を言われる事はありますが、それでも基本的に応募しようと思えば応募できます。

しかし、転職エージェントに関してはそういうわけにもいきません。
転職エージェント側が「この経歴やスキルでは無理」と判断してしまえば書類を応募する権利すら与えられる事はありません。

スポンサーリンク

転職エージェントで内部選考が行われる

転職希望者は、転職エージェントにこれまでの経歴やスキル・資格などを伝え、それをもとに適した求人を紹介してもらえます。

重要なのは『転職希望者に適した求人を紹介する』という事ですね。つまり、適していない求人は紹介される事もありません。

転職エージェントは求人情報の8割を非公開としており、転職希望者が魅力的と思うような求人があったとしても見る機会も与えられないまま終わってしまう事がほとんどなのです。

これは、転職エージェントの中のスクリーニング作業(内部選考)と呼ばれます。

また、公開情報に魅力的な求人があったとしても、応募段階で外されて企業に書類が届かないまま終わってしまう事も少なくありません。

非情な話ですが、基本的に高望みをし過ぎた求人には応募する機会も与えられないでしょう。

企業側の状況によって変化する

この転職エージェントのスクリーニング作業は、転職エージェント側の意思だけでなく求人を出している企業側の意見によっても厳しさが変わってきます。

A社・・・新規事業立ち上げにつき急募で大量採用

B社・・・半年後に退職予定の人の穴埋め、即戦力を求める

仮に、この2社の求人が同じようなスキル・経験を求める勤務内容だったとしても、A社は多少妥協してでも人を集めようとしますし、B社は時間をかけ前任の人と同等のスキルの人を求めようとします。

これらの事情は転職エージェントに伝えられ、B社の求人は限られた人にだけ紹介され、A社の求人は幅広い人に紹介される事になるでしょう。

A社B社ともに同じような規模の会社で同じような仕事内容であったとしても、スクリーニングの条件は全く異なったものになってくるのです。

スクリーニングは企業側のメリット

条件のいい求人を企業のウェブサイトなどに出すと応募が殺到してしまう事があります。時には、1人の求人枠に何百人という応募がくる事もあるでしょう。

その応募一つ一つを確認して選考作業を進めるのは非常に骨の折れる作業となります。大量に届きすぎて一人ひとりのスキルや経歴をしっかり確認できない事もよくある話です。

このような事情から、転職エージェントでのスクリーニングは、求人に求めるスキルなどを伝え事前に人選をしてもらい負担を減らす作業でもあります。

企業は、応募書類一つ一つを確認するという手間のかかる作業を省くことができるのです。

特に、大手企業の人気の求人や好条件の求人ほど応募書類一つ一つを確認するのは大変な作業となりますので、ハローワークなどで見かけることのない魅力的な求人が転職エージェントに多い理由となっています。

スクリーニングで不合格になる求人はいずれにしても厳しい

転職エージェントの判断で不合格となるのは納得がいかないように感じるかもしれませんが、上記のような転職エージェントのシステム上、仕方のないことです。

それに、転職エージェントの判断で不合格となる場合は、企業側に応募できたとしてもまず採用される事はないでしょう。
転職エージェントは、転職希望者が転職を成功させる事によって報酬を企業側から受け取りますので、もし、少しでも採用の可能性があると判断されていれば紹介してもらえたはずです。
その可能性がないと判断されているのです。

そういった意味では転職希望者にとってもメリットのある仕組みとなります。
採用される可能性が低い企業に転職活動の手間と時間をかけていては体力をどんどん消耗してしまいます。

転職エージェントは、転職希望者の貴重な時間を有効に使うためにも利用したいツールなのです。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク