転職スケジュールの立て方や調節は逆算方式!内定までの流れを解説

スポンサーリンク
ひろゆき
転職はスケジュールを立てろっていうけど、やり方がよく分からないよ。
ジョブ吉
難しく考える事はないよ。大まかな部分だけ決めて後は書き足していくんだ。
スポンサーリンク

転職活動は逆算で考える

どのサイトでもよく書かれている事ですが、転職活動は逆算方式でスケジュールを立てる必要があります。

転職活動においてゴールとなるのは当然の事ながら転職が完了するタイミングとなりますね。そのため、逆算方式ではまずゴールである転職が完了するタイミングを見極める必要があります。

「転職活動のゴールなんて先の話だし想定できない」といった意見もあるかもしれませんが、おおよそのゴールを想定し、スケジュールを計画する事には様々なメリットがあります。

スケジュールを立てるメリット
まず、最も大きいのが、自分自身がどのように行動していいのかが可視化できるという事です。どのタイミングでどの書類が必要となるのか、落ちや抜けを防ぐ事が可能です。
また、転職スケジュールを立てる事によって転職へのモチベーションを保つ事が可能です。働きながらの転職は精神的にも体力的にも大きな負担がかかります。持続できずにずるずる働き続けるといった例も少なくありません。スケジュールを立てると常にスケジュールを確認する必要があり、転職活動のモチベーションを継続し続ける事が可能となるのです。

では、そのおおよそのゴールをどこに見定めるか?働きながら転職活動をする場合、求人情報を集め始めてから転職が決まるまでの期間は、一般的に3カ月から半年程が目安とされています。あまり長期間で考えると集中力が切れてしまうので注意が必要です。半年以内に設定するのが理想ですね。

ゴールを決めたら「このタイミングには数社で面接まですすむ」「そうなると、このタイミングには書類選考を突破したい」「そのためには、このタイミングで書類作成を完了しなくてはならない」といった形で逆算方式でスケジュールを組み立てていきます。

この流れをもう少し細かく見てみましょう。

内定(ゴール)までの流れ

1,求人情報の確認

転職エージェントなどの媒体を使い自分に合った求人情報を収集します。

もし、興味のある企業が見つかった場合は、その企業を調べて、さらに絞り込んでいきましょう。

2,応募書類の作成

履歴書や職務経歴書を作成します。これまでのキャリアや誇れるアピールポイントを整理し強みのある内容に仕上げましょう。

※1と2は順番が逆になっても構いませんし、余裕があれば、同時に平行して作業を進めるのが理想です。

3,応募

応募を決めた企業に書類を送付。

多数の企業に同時に応募した方が転職活動がスムーズに進む可能性が高まりますが、ブッキングさせないようにスケジュール管理をしましょう。

企業によってアピール内容が異なるので必ず書類をコピーして保管しましょう。面接時に役立ちます。

4,面接

書類選考が通ればいよいよ面接です。

このタイミングまでに面接での受け答えなど対策をしっかりしておかなくてはなりません。

5,内定

内定をもらったらその会社に実際に転職するか決断。

6,業務の引き継ぎ

働いている会社に退職意思を伝えて、引き継ぎ作業をすすめます。

7,転職

退職したらいよいよ転職先での勤務が始まります。

予定通りに進まない場合はスケジュールの組み直しも必要

転職は、勤務先との兼ね合いや、転職先との兼ね合いによって思惑通りに進まない事も少なくありません。

そのため、1つズレるとスケジュールが全てズレてしまうという事も少なくないでしょう。

具体的には次のような事例が考えられます。

  • 思うように書類が通らない
  • 理想とする求人が見つからない
  • 繁盛期により選考が進まない
  • 応募が多く選考に時間がかかる
  • 働きながらで面接日時が合わない
  • 内定後、引き継ぎがスムーズに進まない

できることならスケジュール通りに転職活動がすすむのが理想ですが、このような事情が重なると予定では内定をもらっていた時期にまだ面接も受けていないといった事態も起こり得るでしょう。

そうなると、スケジュールは役目を果たせません。しかし、先ほどもスケジュールのメリットを述べた通り、転職活動を続けるにはスケジュールが重要な役割を果たします。

もし、大きくずれ込んでしまった場合は、スケジュールを見直し、状況に合った日程で組み直しましょう。

新たにできた予定はその都度書き込む

最初に組み立てるスケジュールは、まだ先の事が把握できていないので大まかな計画しか立てられません。

そこで、新たに決まった予定を全て細分化して書き込んでいくという事も大切です。

例えば、A社に応募をする事を決めた場合は、履歴書が必要となりますね。履歴書の住所や学歴といった不変の情報は事前に書けますが、志望動機といった部分は決まった後に書く必要があります。

そのため、「A社の志望動機を考える」「A社の履歴書を完成させる」といった形でスケジュールに新たに加えましょう。

こうすることで、「早めに帰れそうだし、A社の志望動機を考えようかな」といった形で早め早めの行動がとれるようになります。

人気の求人は早めに応募

転職活動では、「ここの会社は自分に合っているだろうか??」といった形で探り探り進める事が多いのですが、時にこの慎重さが失敗に繋がる事もあります。

というのも求人が出ているという事は、あなたが見極めている間にも応募する人が居るという事です。

応募が多く集まっても求人枠が増えるわけではありません。応募が集まり過ぎると書類選考の手間も大きくなるので一定以上応募が集まったら締め切ってしまいます。

転職のチャンスはその場その場で変わっていくという事ですね。

特に、人気の求人に関しては情報が出た直後に大量の応募が集まります。僅か、数日で受付を終了してしまう事も考えられるので迷わずスピーディに判断することも重要となります。

もし、「これだ!」と思える条件のいい求人が見つかった場合は、迷わず応募書類作成に取り掛かりましょう。そして、早めに応募を済ませます。最悪、企業研究を行うのは応募の後でも構いません。それだけ人気の求人はスピーディさが求められるという事です。

スケジュールを立てる事により転職の全体像が把握できる

ジョブ吉
スケジュールの重要性が分かったかい?ただ、闇雲に進めると自分がどの位置まで進んでいるのかが把握できなくなってしまうんだ。まずは、おおよそでいいからスケジュールを立ててみよう!
ひろゆき
転職までの一連の流れをみるとやることがいっぱいあるんだね。全体像を考えながら進めないと分からなくなりそうだから僕もスケジュールを立てながら進めてみるよ!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク