転職エージェントを通した応募でも内定辞退OK

スポンサーリンク

再三「御社で働きたい」とアピールしてきた企業に対して内定辞退をするのは心苦しいものがあります。
それが、転職エージェントを通した応募ともなると、転職希望者と企業だけでなく、転職活動をサポートしてきた転職エージェントの担当者にも申し訳ないという気持ちになってしまいますね…。

しかし、転職活動では複数社の応募を同時に進めるのは普通の事ですので、複数の企業に同時に内定をもらうという事は珍しい話ではありません。
そして、体は一つなので本命を残し他は辞退を申し入れる必要があります。

また、一社だけの内定だとしても、内定先企業に満足できず転職活動を継続するのはよくある話です。

転職活動において、内定を辞退するのはごくごく自然な話であり、それ事は、企業側も転職エージェント側も把握している事で、辞退を申し出されるのはイレギュラーな事ではありません。

スポンサーリンク

転職エージェント経由で辞退

転職エージェントを利用して転職活動する場合は、面接の日程調整や給料交渉など、企業との交渉ごとは全て転職エージェントの担当者が行う事になります。

これは、内定の辞退に関しても例外ではなく、転職希望者が転職エージェントに辞退の旨を伝え、それが企業に伝えられる事になります。

転職活動を一緒に進めてきた転職エージェントに辞退の旨を伝えるのも気が引ける部分がありますが、企業に直接伝えるという気まずさに比べればダメージも少ないかもしれませんね。

しかし、転職エージェントはまず間違いなく内定辞退を引き止めようとするでしょう。

これは、転職エージェントの収益システムが大きく影響します。

転職エージェントは転職を成功させる事によって企業側から報酬を受け取る『成功報酬』を採用しているので、内定を辞退する事は、その報酬、つまりその担当者の実績が遠のくという事になるのです。
内定辞退後も紹介を続ければ、実績に繋がる可能性もありますが、他の転職エージェント経由で転職されてしまう可能性もありますし、転職自体を止めてしまうかもしれません。

このような事から転職エージェントはほとんどのケースで辞退を引き留めようとします。

  • これ以上の企業に転職するのは難しい
  • 長引くと不利になるので妥協も大切
  • 他で決まる保証もない

といった事を言葉巧みに言ってくるでしょう。

これらも間違った事ではないのかもしれませんが、内情としては、成功実績に繋がらない事を避けたいのと、さっさと次の転職希望者に取り掛かりたいという気持ちが主となるのです。

満足していない企業で働くと後悔する

辞退を引き留められたとしても、必ず自分の意思で最終的な決断をしなくてはなりません。

もし、満足していない企業に転職して、案の定、満足のいかない業務内容であれば、再び転職をする可能性も考えられます。

中途半端な職歴は百害あって一利なし。次回の転職活動は今回とは比べ物にならないほど厳しいものとなるでしょう。

転職エージェントが一生懸命サポートしてくれた、といった恩を感じているかもしれませんが、あなたが転職エージェントの実績を気にする必要はありませんし、恩のために転職を決断するのもおかしな話です。

「入社しない」という意思がはっきりしているのであれば、きちんとその旨を伝え妥協しないようにしましょう。

辞退すると紹介してもらえなくなる?

内定を辞退すると「次から紹介を受けられないのでは?」という心配が頭に浮かぶかと思います。

ですが、その点は基本的に心配する必要はありません。

辞退する理由を明確に伝え、今後も転職する意思がある事を伝えれば問題なく次も紹介してもらえます。

というのも、先ほど触れたように転職エージェントは成功報酬によって成り立っているので転職を前向きに考えている人に対して求人を紹介しない理由がないのです。

一人あたりの成功報酬は少なくとも100万円以上、転職後の年収によって左右され300万円を超えるケースも少なくありません。
この莫大な成功報酬をミスミス逃すわけもないのです。

それに、一度内定をもらった転職希望者は、他の企業でも内定をもらえる可能性が高いという事が言えます。
成功報酬に近い人ほど気合を入れて紹介しようとしますから、そういった意味でも次の紹介は間違いなくしてもらえるでしょう。

ただし、転職エージェントは担当者のさじ加減ひとつで、どういった求人を紹介してもらえるかが変わってきますので、「この人にこの求人を紹介するのは勿体ない」といった判断をされないように、内定を辞退するにしても、どういった事情があって辞退するのかを明確に誠意をもって伝えるようにしましょう。

また、その『事情』は次に紹介する時の目安にもなります。

伝える手段は何でもOK

内定には回答期間が決められていますが、あまりギリギリにならないように辞退の意思を伝えるようにしましょう。

期間を過ぎてしまうのはマナーとしてNGです。それこそ信用をされなくなってしまい次の紹介もありません。

手段としては、

  • 直接
  • メール
  • 電話

いずれの方法でも問題ありません。『辞退する』という意思がしっかり伝わるように注意して下さい。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク