【転職エージェント】内定後、強引に入社を催促される場合はご注意を!

スポンサーリンク

転職エージェントを通した場合も書類選考・面接という段階を踏んで内定に至りますが、転職エージェントを通して内定をもらったからといってその会社に入社するかどうかはあなた次第です。

面接とは、企業が一緒に働く人を選考する場でもありますが、それと同時に、応募者が“本当にその企業に転職するべきか”を考える場でもあります。

企業と転職希望者はWin-Winの関係でなくては成り立たないのです。どちらの意思が欠けてもいい転職とはなりません。

スポンサーリンク

やたらと催促する転職エージェントも多い

内定が決まると、転職エージェントが入社意思を急かしてくる事があります。

転職エージェントは転職が決まる事によって企業側から報酬を受け取る『成功報酬』を採用しているので、内定をもらうだけでは1円の利益にもならないのです。
このような事情から、特に、ノルマなどにより急ぎで実績として上げたい場合は、「急を要する」「早めに決断をして下さい」「月末までに決めて下さい」といった形で強い催促をしてくる場合があります。

転職エージェントからは多くのアドバイスをもらい感謝の気持ちもあるかもしれません。「転職エージェントなしではこの企業に受かる事はなかった」という思いが芽生えている人も少なくないでしょう。

その転職エージェントから入社を促されると、入社しなくてはならない気になりますし、入社を断りづらい感情にもなるかと思います。

しかし、どんな状況であっても、先ほど説明したように面接(転職活動)は『応募者が“本当にその企業に転職するべきか”を考える場』である事は変わりません。

転職とは、その後の人生にも大きな影響を与える分岐点。
その分岐点を自分の意思ではなく転職エージェントの意思で決めてしまうのは長い目で見ると失敗に繋がる可能性が高くなるでしょう。

考える時間をもらう

内定をもらった企業に入社するかどうかを迷っている場合は、どれだけ強引に入社を催促されても即答しないようにしましょう。

素直に「もう少し考える時間を下さい」と伝え譲らなければ転職エージェントとしてもそれ以上強く言わないはずです。

いずれにしても、入社の決断はあまり先延ばしできる事ではないので、1週間以内に答えを出すといった形で期限を設けるとエージェント側も安心できるかと思います。

妥協点を探る

転職活動で内定をもらっても、その企業に迷いなく入社したいと思うのは少数派。
むしろ、多くの人が、迷った末に入社を決める事になるはずです。

新卒時にも同じような迷いがあったのではないでしょうか?
入社後、長期間に渡り働く企業に迷いが出るのはごく自然な事です。

しかし、あれもこれもと条件を足して転職活動を続けて転職のチャンスを見逃してしまうケースも少なくありません。
なかなか理想通りの転職先は見つからないものなので、後々「あの時の内定を断らずに入社するべきだった」と後悔してしまうのです。

そして、そのまま時間が経過していき転職に適さない年齢や時期に達してしまい、転職の機会を失う…、転職活動ではこういったケースを多く見かけます。

そのため、妥協点を見出す事も重要です。

すべての希望を叶えようとするのではなく、入社を迷っている点が譲れる範囲なのか見極める必要もあるのです。

転職エージェントが本音で勧めている可能性も

転職エージェントとしても転職希望者の要望にすべて答えた転職先を紹介したいと考えています。

しかし、現状として要望を全て満たす転職先はなかなか出てこないものです。それでも、その中で出来るだけ適したものを紹介しようと努力をしてくれます。

強引に入社させようとしている…、と感じている企業に関しても、転職希望者の希望にできるだけ沿うように探してきた企業で、本音で勧めている可能性があります。

転職エージェント「キャリアや経験から考えると希望通りの求人は厳しい…、でも、人柄やスキルを考えるとこの企業が適しているのでは」
優しい転職エージェントの担当者ほど、率直な意見を言わずにそれとなく適した仕事を勧めてくれるものです。

転職活動を続けると、どういった求人なら応募ができて内定までいけるのか、という見極めができるようになるかと思いますので、あまり理想を追いすぎず、転職エージェントの意見を取り入れるのも有効な手段となるはずです。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク