仕事に誇りが持てない…。続けるべき?転職するべき?

スポンサーリンク

仕事に誇りが持てない…。

こういった悩みを持っている人は少なくありません。

ただ、こういった感情は向上心の表れでもあります。現在の仕事に満足していないという事になりますからね。

しかし、実際に仕事に誇りが持てないからといってすぐに「転職する」と判断するのは難しい部分もありますので、今回はそういった悩みに関して考えてみましょう。

スポンサーリンク

仕事に誇りを持てないのはダメなの?

そもそも、仕事は誇りを持ってやるべきなのか…??

結論を言うと、やはり誇りを持ってのぞむべき事でしょう。

仕事は、基本的に1年や2年で終わる事ではありません。若い人にとってはこの先の何十年といった人生で考えても大きな時間を過ごす事になるわけですから、誇りを持って挑まないと、人生が少し物足りないものになってしまうかもしれませんよ?

「何でこんな仕事をしているのだろう…」

「おれじゃなくてもいいじゃん…、この仕事…」

こういった感情を抱きながら何十年過ごすのはあまりにも酷な話なのです。

それに、生き生きと仕事をするのと、表情も内面的にも暗く考え過ごすのとでは、精神に及ぼすネガティブな部分も計り知れません。

鬱といった症状は気が病む事によっておこりますし、常に生き生きと働いている人は、表情も明るく若さも保てるといったデータもあります。

やり甲斐を感じ、仕事に誇りを持つという事は、人生においてとても重要な事なのです。

誇りを持てないという意見と改善策

どういった理由で誇りを持てないのか、その理由を集めてみましたので、具体例と改善策を確認していきましょう。

『転職』も正しい判断ですが、まずは改善の努力をしてみる事をお勧めします。

同じ事の繰り返し

製造業などに、多い事ですが、同じことを繰り返す単調な作業にはやり甲斐を感じづらいとされます。

私の回りにも、製造業に従事している人が居ますが、流れてきた製品に2ヶ所ハンダ付けをして、ネジを5ヶ所締める。これを1日に何百回も繰り返しているそうです。

そして、誇りを持てずに、ただ、お金の為に日々を繰り返していると言います。

製造業に関しても、長年続ける事によって、さまざまな作業を覚える事になります。

「今日は、欠員が出たから、代わりに入ってもらおう」といった頼れる立場を目指してみましょう。

同じラインに何年も入る事もあるかもしれませんが、それでも、仕事をしっかりとこなしていけば必ず変化は訪れるはずです。

また、どんな仕事でもそうですが、上司との付き合いも大切です。どういった接し方をしたら信頼してもらえるか、そういった部分も考えていきましょう。信頼されれば、さまざまな仕事が担当できるはずです。

誰でも出来そうな仕事…

販売業などに多いのですが、高校生や大学生のアルバイトの人と同じような仕事をしていると、

「誰にでもできそうな気がする…」

「成長できている気がしない…」

といった気持ちになってしまう事が多いようです。

確かに、高校生などアルバイトの人と一緒の業務内容をこなすと、「誰でもいいじゃん…」といった気持ちが強くなってしまうかもしれません。

ですが、先日ニュースで、スーツの販売業で他の従業員の3倍の売上を誇るスーパー販売員がいるという話が放送されていました。

この人の代わりを務められる人がどれぐらいいるでしょうか?

25歳という若さで成績は全国1位だと言います。おそらく、代われる人は一人も居ないでしょう。

このように、販売業の中でも出来る人というのは存在しますし、そういった人はやり甲斐をもって仕事に挑んでいるはずです。

まずは、全力の笑顔で接客をするなど、できる目標を立ててみると状況が変わっていくかもしれません。

劣等感を感じる…

優秀な大学を出ている人に多いのですが、周りが一流企業で自分だけ、中小企業や知名度の低い企業だと仕事に誇りを持てなくなってしまうとされます。

大きな企業や、みんなが憧れるような企業に勤めているというのは、確かにモチベーションへと繋がりますし、誇りに思えるかもしれません。

しかし、中小企業には中小企業の魅力もあります。

例えば、中小企業では、マーケティングと一言で言っても、情報収集から設計開発、宣伝、販売まで全ての業務を担当できる事も。しかし、大手企業では全てが部門別に分かれている事でしょう。担当できる仕事は中小企業の方が多い事も少なくないのです。

こういった環境の違いにより、最終的にできる人間になっているのは中小企業に務める人間という事もよくある話です。

プロジェクトの大きさも全く異なるかもしれませんが、それでも、やり甲斐を感じられるのは案外中小企業かもしれません。

現在の企業に務め続ける事によってどういった成長ができるのか、改めて考えてみましょう。

それでも、誇りが持てない…、そんな時は転職も有効!

どう前向きに考えても、仕事に誇りが持てない…。

そう考えてしまう時は転職する方向で考えていきましょう。前述のとおり、「誇りを持てない…」というモチベーションで何十年と働き続けるのは酷な話です。

それに、いきなり「転職する!!」と決め込む必要もありません。

まずは、働きながら、『どういった転職先があるのか』を確認していきましょう。

お手軽な手段として、転職エージェントをお勧めします。

転職エージェントに登録すると、転職のプロがあなたの経歴や人柄から適した転職先を見つけてきてくれます。

「意外にこれまでの経歴がプラスに評価されるじゃん」といった事も少なくありません。

転職を強制するシステムではありませんので、少し確認してみる意味でも手軽に利用してみましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク