【転職の面接】ピーコートを使ってもいい?マナー違反?

スポンサーリンク

冬場の転職活動にはコートが欠かせません。

しかし、スーツは持っていてもビジネス用のコートを持っていない人は意外に多いことでしょう。

特に、これまでの仕事でスーツを着る機会がなかった人は、持っていない人の方が多いかもしれませんね。

そして、持っていない人の中には、「私服用のピーコートがあるけど、これを着ても問題ないのでは?」と考えている人が居るかと思います。

確かに、スーツにピーコートを使っている人を多く見かけますよね。一般的といえば一般的なのかもしれません。

スポンサーリンク

ピーコートはNG

先に結論です。

ピーコートを着ている人は多く見かけますが、基本的にビジネスシーンで使うコートではないので面接という場には適しません。

ピーコートはカジュアルに着る事を想定して作られているコートです。私服用コートとしてはシックなデザインとなっていますが、それでも、やはりビジネスシーンに適したコートとはなりません。

スーツに合わせている人も多いのですが、それらは、おそらく外回りなど社外の人と会う機会が少ない人達が通勤の時に着用しているだけでしょう。

面接官の中には身に付けている物をしっかり見る人もいます。
時計やネクタイなど細かな部分ですが、面接という場に適した身だしなみをしているか、これも重要な判断材料となるのです。
コートに関しても例外なく確認される対象となるでしょう。「なぜ、スーツにピーコートなんだ?」この印象は少し致命的です。

面接会場付近でコートを脱ぐ

防寒着は面接会場付近で脱ぐ必要があります。

コートに関しても、面接先の建物に入る前には脱いで腕にかけて持ち運びましょう。

脱いで腕にかけるなら、ピーコートでも問題ないのでは?と思われるかもしれませんが、ビジネス用のコートは基本的に丈が長いので、短いコートでは違和感を与えてしまいます。

それに、「そちらのハンガーにコートをかけて下さい」と言われる事も少なくありません。

そのため、コートを脱ぐとしても、ほとんどのケースでピーコートである事に気がついてしまうでしょう。

気にしない面接官もいるかもしれませんが、わざわざリスクをおう必要もありません。

ビジネスマナーとしてビズネス用のコートを用意しておきたいところです。

面接で使えるコート

では、どういったコートが面接に適しているのかも確認しておきましょう。

ビジネスシーンで使われるコートで代表的なのは、

  • トレンチコート
  • チェスターコート
  • ステンカラーコート

これらの、3種類となっています。

最も多く使われるのはこの中でもトレンチコートとなります。チェスターコートはピーコートの丈を長くしたような印象です。

3つに共通しているのは、丈が長く膝のあたりまであるという事。ビジネスシーンではロング丈のコートが標準となっているのです。

そのため、通常のピーコートでは丈の長さで違和感を与えてしまう事が多いでしょう。

『冷え』は面接の大敵

たとえ、電車かバスで移動するとしても駅からは屋外を歩くことがほとんどかと思いますし、電車やバスに関しても防寒した服装を想定した温度設定で暖房を効かせているので、コート無しでは冷えてしまいます。

この『冷え』は面接において想像以上に大敵。
というのも、冷えると血行の流れが悪くなるので頭に十分な酸素がいき届かなくなってしまうのです。

そうなってくると、頭の回転も悪くなり、思うように受け答えができないかもしれませんね。

せっかく面接の機会を得たわけですから、フルに能力を発揮して受けたいところです。

ビジネス用のコートを購入しましょう

転職活動のみのためにコートを購入するのは抵抗があるかもしれませんが、身だしなみの面で評価を下げてしまうのはかなり勿体ない事となります。

通販サイトを確認すると3,000円代からレビューのいいコートが売られているので、思い切ってビジネス用のコートを購入するようにしましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク