【介護職から転職したい】悩んでいるなら早めの転職を

スポンサーリンク

労働条件や給料面など何かと大変なイメージのある介護職。
テレビなどでも介護職は離職率が高く労働環境の改善が求められているという事が再三言われていますので、多くの人はこういったイメージを持っているかと思います。

実際の給料面をみても、

一般的な介護施設の平均給料は、月給が手取りで、15〜17万円ほどが相場。年収にしても、250〜300万円ほどがほとんどで、良くても400万円ほどになります。

多くの施設では夜勤もありますし、労働条件から考えてもけしていい給料とは言えないのが現状でしょう。

売り上げノルマにおわれる仕事ではないとはいえ、時には命にも関わる仕事の内容から、「割にあわない」と考える人が多くなり、離職率が高いのも仕方のない事なのかもしれません。

スポンサーリンク

介護で働く現場の意見

30代 女性

25歳までは一般的な職場の事務をしていましたが、将来性を考え介護職に転職しました。
しかし、今思えばあまりいい判断とはならなかったように感じます。
やり甲斐は感じるのですが、何よりストレスが溜まり、仕事内容に給料が伴わない点も不満です。
以前の職場は毎年6,000円づつ昇給しましたが、介護職は10年続けて2万円ほど…。
割り切って続けてきたのですが、そろそろ年齢的にも次の事を考えていこうかと…。

20代 男性

短期大学で介護について学んで介護職に就きました。
やりたい仕事と考えこの道に進みましたけど、想像以上に大変です。僕の場合は、仕事内容はそこまで苦にならないのですが、一生懸命お世話をしているお年寄りに心ない事を言われるのが一番辛いですね。「ボケているししょうがない」「悪気はない…」と割り切る努力をしていますが、時には限界を迎えて自宅で家族にあたってしまう事もあります。
向いてないのかもしれませんね…。逆に本当に向いている人って居るのだろうか…。

20代 女性

特に深く考えずに介護職に就きましたが、やはり大変な仕事です。歳を重ねると頑固になり意見を曲げない人もいますし、思うようには仕事ができません。
一番困るのは「体を洗うと風邪をひく」というおじいちゃん。頑張ってお風呂に促していますが、それでも1ヶ月に1回ほどしか入ってくれません。
それでいてご家族も「しっかり入れてくれ」ぐらいの事を言ってくるので本当に困ります。

20代 女性

仕事を始めて5年になりますが、職場に若い女性が少ないからか、セクハラをよくされます。お尻を触られたりは日常茶飯事…。
「だめですよ!」と笑顔で対応するようにしていますけど、よくよく考えてみるととんでもない事をされていますよね。
職場の人にも「若いからモテるね」ぐらいの事を言われます。
そろそろ潮時なのかもしれませんね…。

30代 男性

新卒で今の職場に就職しましたが、同世代の給料を聞くと悲しくなるほど私の給料は低いです。介護職は給料が低いというのは分かっていましたけどね…、でも、この年齢になると結婚も考えますし、将来の事を考えると、転職を視野に入れたほうがいいように感じています。
ちなみに、私の職場の場合、7割ほどの人が3年以内に辞めているように感じます。そういった意味では古株で、責任ある仕事も任されるんですけどね…。でも、責任だけ増えて給料には反映されません。

辞めるのも正解

介護職には向き不向きがあり、向いている人でもストレスで限界を迎えてしまう事があります。
でも、限界を迎えてまで続けていく必要はあるでしょうか?もし、「一刻も早く辞めないと限界!」という事であれば、早めの判断も必要になってきます。

とはいっても、「もう明日にでも辞めてやる!」といった先走った判断は危険。
やはり、退職するのであれば、次の仕事の目星をつけておかなくてはなりません。

介護職の転職先として有利なのは、他の企業の介護職という事になりますし、ハローワーク等に行っても介護職を提案される事があります。ですが、これでは、同じことを繰り返してしまうかもしれませんね…。

仮に「今の職場が劣悪な環境だから他の介護の現場ならきっと…」という希望を持っていたとしても、必ずしも転職先がいい環境とは限りません。

そのため、おすすめは、一旦仕事環境をガラリと変える事
介護職で疲れきった今だからこそ違う職種で働く楽しみを改めて知る必要があるのではないでしょうか?

介護職は比較的、採用基準が低いので、一度異業種の転職をしたからといって戻ってこれないという事もありません。
もし「やはり介護職が天職だ」と思ったのであればその時にまた考えればいいのです。
実際に出戻りで介護職に戻ってくる人は多くいます。職場にも一人は居るのではないでしょうか?
他の仕事を経験する事はけしてマイナスとはならないはずです。

転職方法としては転職エージェントをおすすめします。
転職エージェントに登録して「介護職以外」という指定をすれば、あなたが転職可能な求人を探してきてくれます。介護職から異業種に転職する人は少なくないのでスムーズに話も進むでしょう。

もちろん、介護職を続ける事も正しい判断です。ただ、転職は歳を重ねるごとに難しくなるので、早めの判断も大切になってきます。

後悔しないように早い段階で考えていきましょう。ちなみに、転職エージェントでは転職に関するさまざまなアドバイスをしてもらえますので、相談目的で登録してみるのも有効かもしれません。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク