【転職】なぜ面接で落ちた?なぜ書類で不採用?理由を知る方法

スポンサーリンク

通常、応募書類で落ちると、書類をその企業で処分するか、もしくは個人情報の理由などによって返送されてきます。

面接に関しても、落ちた旨をメールや郵便で通知されるだけ。

いずれにしても、採用とならなかった事だけが伝えられ、その具体的な理由については、ほとんどの場合教えてもらう事ができません。

どちらのケースで落ちたとしても何かしらの理由があるはずですね。
企業が求人を出している以上、人材を必要としている状態で、残念ながらその枠に入れなかったという事になります。

不採用となった理由が分からないと次の面接や書類に生かす事も難しくなりますね。
あからさまなミスや思い当たる節があれば別ですが、面接や書類で不採用となった理由は自分自身では気付けないものです。

不採用となった理由に改善の余地があればそれを把握して次に繋げなくてはなりません。

スポンサーリンク

転職エージェントは不採用となった理由を教えてくれる

転職エージェントは応募書類のアドバイスから面接のセッティングまで採用に至るまでのさまざまなサポートを行ってくれますが、その一つに『不採用の理由のフィードバック』というものがあります。

名前の通り、何故不採用となったのかを企業に確認しそれを伝えてくれるのです。

直接応募やハローワークを通した場合は、おそらく95%以上の確率で不採用の理由を知る事ができないでしょう。
直接応募は、不採用となった地点で関係が終わってしまいますし、ハローワークに関しても、あくまでも紹介に特化したサービスで、紹介後のサポートはほとんどありません。

一方、転職エージェントは、転職が決まった時に転職先の企業から報酬を受け取る事によって経営が成り立っています。
不採用になったのであれば次を紹介して、最終的に転職を成功させなくてはこれまでの仲介が無意味になってしまうのです。

理由はどうであれ、紹介だけでなく転職成功までのサポートがしっかりしており、不採用となった理由も確認してその改善アドバイスをしてくれます。

企業側も不採用の理由を正直に伝える

企業側が正直に不採用の理由を教えてくれないのでは?と、思うかもしれませんが、その心配もいりません。
企業側にも不採用の理由を正直に伝えなくてはならない事情があるのです。

人事担当者は書類を確認する作業だけでも大変な手間となってしまいますし、面接では仕事の調節を行い配属先の上司も同席するなど、僅か30分ほどの時間ですが想像以上の労力と手間がかかっています。

そのため、出来ることなら面接機会を減らし人材を確保したいというのが本音となります。

企業側が不採用の理由をわざわざ転職エージェントに伝えるのは、何も不採用となった人にアドバイスを送るためではなく、転職エージェントから次に紹介される人が同じ不採用理由にならないようにするためです。

不採用の理由を正直に転職エージェントに伝えるのは企業側にメリットのある事となるのです。

効率よく転職するなら転職エージェントを利用する

以上の事から、

  • 企業は同じ理由で不採用にしたくないから不採用の理由を転職エージェントに伝える
  • 転職エージェントとしても、不採用の理由を把握して紹介の無駄を省きたい
  • 転職が決まらないと利益にならないため、不採用となった人にもその理由を伝え次の応募に向け改善アドバイスをする

それぞれ事情は異なりますが、不採用の理由は自然と応募者のもとにも届くようになっています。

不採用の理由は自分ではなかなか気付けないので、この情報を得られるのはとても大きいですね。

転職活動には慣れと成長が必要です。不採用を経験すると成長に繋がり次に生かせます。不採用の理由を知れるとその成長速度も一気に早くなりますね。
スポーツでも勉強でもそうですが、独学より教えてくれる人がいる方が圧倒的に早く成長できるはずです。

もし、複数社に応募しても、受かる気配がないという場合は、転職エージェントに登録してその理由を探った方が転職に近づけるでしょう。

もしかしたら、同じ理由で不採用を繰り返しているのかもしれません。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク