転職の応募書類は、普通郵便・速達・簡易書留どれ?DM便はNG

スポンサーリンク
ひろゆき
郵送方法っていくつかあるけど、応募書類を「郵送する時はこの方法」みたいなルールは決まってるの?
ジョブ吉
基本的には決まってるよ。あとは、状況によって臨機応変に郵送方法を変える事も。中には、絶対に利用NGといった方法もあるし今日は郵送方法の注意点をまとめるね。

応募書類の提出方法には『郵送』を使うことも少なくありません。

しかし、その郵送方法にもさまざまな選択肢があり迷ってしまう事も少なくないでしょう。普通郵便に速達、簡易書留、クロネコDM便など…。

真っ先に思い浮かぶ最もメジャーな郵送方法は『普通郵便』あたりでしょうか?

先に結論を言ってしまうと、履歴書の郵送に関しても基本的にはこの『普通郵便』を選択して問題ありません。

ただし、稀に速達など別手段を必要とするケースもあるので注意点を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

郵送方法が指定されている事も

企業に応募書類を送る際には応募書類に関する注意点などが書かれている事も少なくないので募集要項をしっかりと読みましょう

『速達』や『簡易書留』を希望するケースもあるかもしれませんし、もっと別の手段を指定しているかもしれません。

指定がないようでしたら『普通郵便』という判断になります。よほど重要な書類でない限りは企業間のやり取りも『普通郵便』が利用されます。企業にとって違和感なく受け取れる手段となるのです。

ただし、期限ギリギリの場合などは『速達』を利用するという判断も大切になります。「明日までに届けなきゃ間に合わない…」といった場面では念の為に速達を利用するようにしましょう。

とはいっても、『間に合わないよりは良い』という判断での選択肢となるので、期限ギリギリに速達で届いた応募書類はあまりいい印象を受けないかもしれません。「計画的に行動できない人なのでは…」「仕事でもこういった部分があるのでは…」といった受け取り方をする人事担当者も少なくないでしょう。

そのため、できるだけ速達で送るような事にならないよう、余裕をもって行動する事が大切です。

簡易書留はNG

指定で『簡易書留』とされているケースでは簡易書留で郵送する必要がありますが、そうでない場合は絶対に選択しないで下さい。

よくあるのが、確実に履歴書が届いてほしいから簡易書留で送るという判断。これは相手側の事を考えない身勝手な行動と受け取られます。

というのも、簡易書留はポストに投函されるタイプの郵便ではなく、受け取る人の受領印を必要とする宅急便のようなタイプの郵便。確かに確実には届きますが、手間をかけさせられた人事担当者はいい気がしないでしょう。場合によっては数百通を受け取るわけですからね。

DM便もNG

ヤマト運輸さんの提供する『DM便』もポストに投函するタイプで郵便局の扱う普通郵便と類似のサービスとなります。

そのため、DM便を応募書類郵送の選択肢に入れる人も少なくないようです。

ですが、これは完全にNG行為。というのも、DM便は『信書は預かれない』というルールが定められており、履歴書はこの信書に該当するのです。

正直、履歴書を入れてもバレずに(知らずに)郵送できてしまうのですが、受け取った企業側は『DM便は信書を扱えない』という事を知っていますので「調べなく行動する人」「ビジネスマナーを学べていない」という心証を与えてしまうでしょう。

※郵便局のウェブサイトにある『信書に該当するもの』という項目の中に『履歴書』の明記がされています。

窓口から出す

郵便は重さによっても価格が変わりますね。

もし、「この大きさでこの量の書類なら〇〇円だ」という確信があったとしても、念の為、郵便局の窓口で出すようにしましょう。

というのも、料金不足で届いた応募書類はまず間違いなく不合格になってしまいますし、確信を持っていたとしても、1グラムの差で想定と違う料金になるかもしれません。わざわざリスクをおかしてまでポストに投函する必要はありません。

また、切手が何枚も貼られている状態もあまりいい印象とはならないので注意したいところです。

忙しくてなかなか郵便局に行けない場合もあるかもしれませんが、ある程度大きな規模の郵便局なら土日祝、深夜営業をしているケースも少なくありません。なんとか時間を作り窓口で出すようにしましょう。

ひろゆき
なるほどね!送り方一つで礼儀を見られる事もあるんだね。余裕をもって書類を作成して普通郵便を使って送る。これを守れるように頑張るよ!
ジョブ吉
そうだね!書類を確認してもらう前から印象を悪くしてしまうのは痛すぎるからね。せっかく頑張って作った書類が意味をなくしてしまう。難しい事ではないから徹底してマナーを守るようにしよう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク