転職エージェント経由で面接を受けても落ちまくるのは普通!

スポンサーリンク

「転職エージェントを通して面接を受ければ内定をもらいやすそう」

こういったイメージを持っている人が多いかもしれません。

ですが、実際には、転職エージェントを通して応募をしていても内定をもらえる人はほんの一握り『大半の人が不採用となる』という事を覚悟していなくては、長く大変な転職活動で心が折れてしまうかもしれません。

もし、転職エージェントを通して転職活動をしていて、「いくら面接を受けてもうまくいかない…」と悩んでいる場合は、それを特別な状況だと思わずに頑張るしかありません。

根性論のようですが、モチベーションが下がるとそれを面接官にも悟られてしまうので、ますます厳しい状況になってしまうでしょう。

スポンサーリンク

過去の採用実績

前職の話ですが、長年、人事部に所属していました。

大企業とまではいきませんがそこそこの規模で、毎月何十人の書類を確認して面接を担当してきました。

そして、私の務めていた企業の、採用率はおおよそ『7%』。

7%と聞いて、どう思われますか?100人受けて、7人が採用されるのは、少ないように感じますか?

実は、この数字はごくごく普通の採用率となります。特別少なくもないし、多くもありません。

転職活動とは狭き門なのです。

ちなみに、これは、面接の段階だけでなく、書類選考も含まれます。書類選考ではおおよそ半数ぐらいに人数を絞っていたので、面接だけに絞って採用率を出すと、14%ほどという事になります。さらに、面接は、一次面接と二次面接があり、通過率は同じぐらいでした。

また、人気の求人ほど難易度は上がります。
私の働いていた会社でも管理職クラスの求人は、「惜しいけど…」「なんとなく違う…」といった感覚だけでもガンガン落とされ、結局、1年以上求人を出し続けて、ようやく決まりました。書類選考を含めると、1%未満の内定率になっていたかと思います。

ハードルが低いほど、内定率が上がりますし、ハードルが高いほど、内定率が下がります。
当然の事ではありますが…。

そして、あなたが面接を落ち続けているのであれば、それは、高いハードルに挑戦している証拠でもありますので、けして悪い事ではありません。
折れる事なくそのハードルに挑み続けるべきでしょう。

転職エージェントと直接応募どちらが有利?

転職エージェントで面接を落ち続けると、「直接応募やハローワークの方が有利なのでは?」という疑問が浮かんでくるかもしれません。

この疑問に関しての答えは、『基本的に転職エージェントの方が有利だけど、直接応募が有利なケースもある』という曖昧なものになります。

まず、転職エージェントの方が有利とされる理由として、

  • 企業が採用を迷っている場合は、転職エージェント側からプッシュしてくれる(推薦)
  • 過去の紹介実績を基にアドバイスを受けられるので、求人企業の好みが把握できる
  • 企業と転職エージェントの繋がりが強い場合は、優先的に転職エージェント側の応募を採用する
これらの事が挙げられます。

いづれも転職活動において、かなり有利な事は分かりますね。

特に過去の紹介実績は強力な味方です。個人で応募する場合は、企業側の好みが分からず、見当違いのアピールをしてしまう事もしばしば。それでは、面接を切り抜けられるわけもありません。

一方、直接応募やハローワーク経由の場合は、

  • 採用しても、手数料を支払う必要がない
という部分が企業側の大きなメリットとなります。

転職希望者側は基本的に転職エージェントを無料で利用できますが、企業側は、紹介を受け、実際に採用した場合に、採用者の年収の30%以上を転職エージェントに手数料として支払います。

転職エージェントは、この『成功報酬』によって成り立っているのです。

そのため、もし、転職エージェントから紹介された人材と、直接応募してきた人材とで採用を迷っている場合は、手数料を理由に直接応募の人材を採用してしまうかもしれません。

年収の30%となると、多くの場合で100万円を超えますし、時には数百万円にもなるでしょう。この金額はとても大きなものに感じるかもしれません。

ですが、先何十年と雇うのであれば年収500万円で20年と計算しても1億円以上を給料として支払う事になります。そう考えると、100万円なんて微々たる金額です。

甲乙付けがたい状況では、手数料を理由に直接応募やハローワークが有利になるかもしれませんが、「転職エージェントから応募している人の方が優れているけど、手数料がかからないから直接応募の人を採用しよう」といった、馬鹿げた判断をする企業はまずありませんので心配するほどの差ではありません。

転職エージェント経由の採用率は10%

正式な統計はありません。

ですが、一般的に、転職エージェント経由の応募は10%ほどの採用率になっているとされています。

しかし、これは、先ほどのような転職ハードルの低い求人などもごちゃまぜの数字となっているので、キャリアアップを目指して転職活動をしている人は、もっと厳しい数字になってくるでしょう。

何度も言いますが、転職エージェントを利用しても面接に落ちるのは特別な事ではありません。

転職エージェントは有利に転職を進められますが、確実に転職できる魔法のような存在ではないという事を頭に入れて転職活動を継続しましょう。

内定率についてさらに詳しく⇒転職エージェントの内定率は10%で低い?

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク