履歴書に印鑑欄がない場合でも押すべき?押印を忘れたら

スポンサーリンク
ひろゆき
履歴書には印鑑が必要なタイプといらないタイプがあるよね?どっちがいいんだろう。
ジョブ吉
確かに、どちらのタイプも見かけるね。基本的にどちらでも問題ないけど、稀に印鑑が必要なケースもあるんだ。今日はそういった部分を教えるね。

履歴書はものによって内容がさまざま、職歴を重視した履歴書もあれば、志望動機を重視したものもあります。

そんな違いの一つに印鑑欄があるかないかというものがあります。印鑑欄のある履歴書では、名前の横に印鑑のスペースが用意されているタイプや名前と同じ枠に『印』という文字がありそこに押すタイプがあり、印鑑欄が用意されていないものには印鑑を押す『しるし』自体が用意されていません。

こういった場合、印鑑欄が用意されていれば、印鑑を押すという判断ができますが、そうでない場合はどうすべきか、迷ってしまいますね。

結論から言うと、印鑑欄があれば印鑑を押す必要があり、なければ押す必要がありません

そして、基本的に印鑑欄がある履歴書、印鑑欄がない履歴書、どちらを選択しても問題ありません

印鑑欄ありの用途、印鑑欄なしの用途、というのは特に決められておらず、選考等に影響を与える事ではないのです。

スポンサーリンク

タイプが2つに分かれている理由

なぜ、印鑑欄のあるタイプとないタイプがあるのか。

これにはちゃんと理由があります。

平成9年に『押印見直しガイドライン』というものが発表され、履歴書は押印を廃止しても支障のないものに分類されました。この発表は政府が行ったもので国の正式なルールとなります。

つまり、平成9年までは押印欄のある履歴書しかなかったのですが、ルール改正以降、押印ありでもなしでも問題ないという扱いになり、どちらの履歴書も存在するようになったのです。

どちらの履歴書を選択しても、両方公式の履歴書という事になるので選考に影響を与える事は一切ありません。

稀に、大手企業では『氏名の横に押印をして下さい』と求めてくるケースがありますが、押印をして再提出すれば問題ありません。

それでも、この再提出の流れも印鑑欄のない履歴書が徐々に浸透した事により、少なくなってきたようです。

ですが、再提出を求める企業が全くないという事ではないので、こういったやり取りがないよう、大手企業へは印鑑欄ありの履歴書を選択するのも一つの手かもしれませんね。

履歴書に使う印鑑の種類

印鑑を押す場合にどのような種類を使うべきかも確認しておきましょう。銀行印や認印、シャチハタなど種類はさまざまですからね。

まず、印鑑を大きく2種類に分けると、

  • 朱肉を使うタイプ
  • 朱肉を使わないタイプ

があります。

そして、朱肉を使わないタイプはシャチハタと呼ばれ、正式な印鑑とはならずスタンプの一種とされます。理由は、強く押すと印影がブレたり、インクがにじむなど、押し方によって見た目が大きく変わってしまうからです。そのため、回覧板や荷物の受け取りには使えますが、契約書等の書類関連には使えません。

つまり、履歴書にも使えない印鑑(スタンプ)という事になります。

そして、朱肉を使うタイプの正式な印鑑にも、銀行で届け出をした銀行印や印鑑証明に使っている印鑑など、ご家庭にはさまざまなものがあるかと思います。

ですが、基本的にこういった登録に使われている印鑑は履歴書に使いません。履歴書に使う印鑑は、銀行や印鑑証明に関係のない認印を使うようにしましょう。

重要な書類等に使う印鑑は、個人情報流出に繋がる恐れもあるので履歴書には適さないのです。これは履歴書に限らずで、銀行印や印鑑証明の印鑑はその用途以外に使うものではありません。

朱肉を付けるタイプであれば100均等の安価な印鑑でも問題ないので、持っていない場合は履歴書用に1つ購入しましょう。

押印を忘れたら

押印を忘れてしまうという例も少なくありません。

もし忘れてしまったら、人事担当者に連絡を入れてその旨を伝えましょう。そして、面接まで進んだ際に、印鑑を持っていくようにして、その場で押させてもらいましょう。

多くの場合、連絡を入れた地点で「問題ないですよ」といった事を言ってもらえますが、その場合でも念の為に持っていきたいところです。

印鑑は最初に押すべき

『印鑑は仕上げに押すもの』というイメージが強いかと思いますが、印鑑は、斜めになってしまったり、かすれてしまう、という事も少なくありませんね。苦労した書類が台無し、そんな経験を誰もがお持ちではないでしょうか。

慎重に押しているつもりでもなかなか上手くいかないものです。

そこで、印鑑を先に押しておくという方法をおすすめします。そうすれば失敗してもそこまで痛くなくですね。紙を1枚無駄にする程度の事です。

上手く押せたらしっかりと乾いた事を確認して記入を始めましょう。汗ばんだ手で触れる等をしなければ、にじむ心配もありません。

書き終わってから押印に失敗すると、絶望的な気持ちになりますよね…。そういった事が起こらないよう前もって押しておきましょう。

印鑑を上手く押すコツ

最後に印鑑を上手く押す方法についても確認しておきましょう。

【用意するもの】

  • 認印
  • 朱肉
  • 捺印マット

年季の入った認印は、ヨゴレ等が印字面に詰まっている可能性があるので事前に爪楊枝等で取り除きましょう。

朱肉はスタンプ台ではなく、ちゃんとした朱肉を用意。表面が乾いていない事を確認しましょう。

捺印マットがない場合はそれに近い柔らかいものを代用しましょう(ノートや新聞紙)。くれぐれも硬い机の上などでは押さないように。

【押し方】

朱肉をつける時は『ベタッ』とつけるのではなく、軽く『トントン』と数回付ける程度に。つけすぎはにじみの原因になります。

そして、印鑑の向きを確認しながら押します。

この際にやってしまいがちなのが、上から力強く押すというもの。ですが、これでは綺麗に押せません。

綺麗に押すには、『の』の字をイメージして軽く重心を移動させてから離すのがポイント。

印鑑には苗字を囲った丸い『枠』がありますよね。その枠をしっかり押し付けるイメージです。そうすると必然的に名前部分もしっかりと押され全体が綺麗な状態となります。

事前に何回か練習しておくと失敗のリスクが減りますね。同じ条件を作りシミュレーションしてみましょう。

ひろゆき
なるほどね。僕は大手企業を狙う事も少ないし印鑑なしの方でも問題なさそうだ。
ジョブ吉
売られている履歴書も印鑑欄なしが増えているからね。僕もその判断で問題ないと思うよ。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク