【異業種のスキルも有効】転職の求人で未経験者を歓迎する理由

スポンサーリンク
ひろゆき
未経験者OKの求人をみるけど本当に採用してもらえるのかな?
ジョブ吉
基本的には実務経験があった方が有利に働くんだけど、時には、企業側に未経験者を採用するメリットが大きい場合もあるんだよ。
スポンサーリンク

異業種のスキルでも戦力になる

転職を考えた時に、「これまでの経験を生かした職種を選ぶべきだろうか」「全く違う業界に挑戦するべきだろうか」といった部分で悩んでしまう事も少なくないでしょう。

そして、一般的に『これまでと全く違う業界への転職はハードルが高く難しい』と考えられていますね。

確かに、転職は即戦力性が重視される傾向にあり、これまでのキャリアが重要な役割を果たす事は間違いありません。

特に年齢が高くなると、「年下に教わるのはいいけど、相手が気を使うのでは…」「改めて1からキャリアを積むのは…」といった形で自ら挑戦する意思を閉ざしてしまう事も少なくないようです。

しかし、全くの異業種であっても、これまで培った知識やスキルが生かせるケースは少なくありません。

あなたの持っているスキルが全く関係ないと思っていた業種で重宝される事もあるのです。

また、異業種からの挑戦を好意的に受け止める会社も少なくありません。

異業種からの挑戦を歓迎する理由

まずは、異業種からの挑戦を受け入れる会社の事情を確認してみましょう。

異業種出身者の発想

その業界で長く働くと、いい意味でも悪い意味でも考え方が凝り固まってしまい、新しい発想が生まれない事があります。

今までと違った、サービスの展開、商品の開発を行うには異業種の異なった発想を取り入れたいと考える事があるのです。

意欲が高い

未経験で挑戦すると、「一刻も早く仕事ができるようになりたい」という思いが強く、学ぶ意志や向上心が長く継続します。時には、「これまでもやってきたから」と考えてしまう経験者より早く会社の戦力となってくれるでしょう。

それに、やる気のある人間は会社全体に良い影響を与えますね。

人間性重視

仕事はどんな業種であれ、経験を積むことにより成長する事ができますが、人間性といった部分は何十年というその人の人生の積み重ねによって形成されていくので変わるのが難しい部分があります。

人間性が重視される仕事、例えば、クリエイティブ系などはそういった部分を重視して選考する事が多いようです。

柔軟性

同業種出身者は、これまでの経験から「こうでなくては」と新しいやり方に上手くなじめない時があります。会社が変わる以上、これまでと違う部分が出てくるのは当然の事なのですが、柔軟性に欠けてしまう事が多いのです。

一方、異業種からの転職は「これまでのやり方」自体をもっていないので、違和感を感じる事なくその会社の方針に馴染む事が可能となります。

異業種への転職例

これまで携わった異業種への転職の一部を紹介します。

【飲食店勤務からウェブデザイン業へ】

お客様とのコミュニケーション能力が評価され、店舗や会社を対象としたウェブサイト作成の提案及び作成業務を行う会社に転職しました。

【不動産業から食品製造業へ】

スタッフをまとめるマネジメントスキルと、営業能力が評価され、営業職の幹部候補として転職しました。

【事務職からシステムエンジニアへ】

専門的なITリテラシーを必要とする事務職で、システムエンジニアへの道を切り開きました。

【ホテル業から生命保険会社へ】

宿泊客に対するコミュニケーション能力が評価され保険会社の営業職へ。

他にも、接客業や営業職で身に付けたコミュニケーション能力は、扱う商品が変わったとしても生かせる事が多く異業種への転職の門扉が開かれる事が多くあります。

未経験者歓迎で気をつけたい事

異業種の人でもOKとはいっても、最初からそのような求人を出していたとは限りません。

そもそも、同業種からの転職は1から育てる必要がないのでコストもかからず、そのメリットの大きさは捨てがたいものがあります。多くの場合、まず同業種からの応募を集める事でしょう。

そのため、『未経験者歓迎』としている企業は同業種からでは人が集まらなかった可能性が考えられるのです。人が集まらなければ門扉を広げるしかないという事ですね。

このようなケースでは、辞める人が多い、労働環境がよくない、といった経験者が避けてしまう会社なのかもしれません。

もちろん、これは可能性の1つとして考えられる事であり、純粋に『会社に新しい風を取り入れるため』といった求人も多いのでそういった点を見極める必要があります。

先ほどの、『異業種からの挑戦を歓迎する理由』を改めて確認してみましょう。これらのポジティブな理由で未経験者を募集しているのであれば良い転職になりそうですね。

面接の際にどういった理由で『未経験者歓迎』としているのかを見極め転職をしなくてはなりません。

ひろゆき
未経験者歓迎という言葉はよく見かけるけど、こういった理由があったんだね。
ジョブ吉
そうだね!もし、今の業種にこだわらないのであれば、異業種への挑戦も視野に入れてみると魅力的な求人が見つかるかもしれないよ!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク