転職の面接で『人間関係で困った事』を聞かれた時の受け答え例文

スポンサーリンク
ひろゆき
面接でこれまでの人間関係について聞かれるんだけど、なかなか上手く答えられないよ。
ジョブ吉
人間関係についてはポイントを抑えて事前に話しを組み立てておく事が大切だよ!どういった方法か説明するね。
スポンサーリンク

「ありません」はNG

どれだけ仕事ができても、人間関係を築けない人は、会社で上手く馴染むのが難しくなってしまいます。

アメリカなどの影響もあり、集団性だけでなく、個々の考え方も重視されるようになってきましたが、それでも、やはり勝手な行動を取る人や集団での意思の疎通ができない人は敬遠されてしまいます。

「これまでの職場で、人間関係に困った事はありませんか?」

この質問で知りたいのは、内定を出して実際に働いてもらう事になった時に、人間関係を上手く築いていけるかどうか、という事。つまり、協調性やコミュニケーション力といった部分が確認されているのです。

どんな職場でも悩みや困った事が1つもないという事はまずありませんよね。

  • 上司が仕事のできない人で尊敬できない
  • 後輩が身勝手で迷惑
  • 派閥がある

なにかしら人間関係で不満に思っていた点があるはずです。

そのため、「特に不満に思った事はありません」という回答はNG。「一つぐらいあったでしょ?」と、勘ぐられてしまいます。

早すぎる退職や30代後半以降の転職で質問される

志望動機や転職理由といった誰もが聞かれる質問と違い、人間関係に関する質問は、質問されやすい人に一定の傾向があります。

最も多いのが、職務期間が短いケース

理由は、職務期間が短いほど人間関係に不満があり転職を目指す人が多くなる傾向にあるからです。特に女性の場合は半数以上が人間関係の不満やトラブルにより転職するというデータもあります。

次に多いのが30代後半以降の転職です。

30代中盤が転職の大きな壁とされ、30代後半になると一気に転職のハードルが上がります。このハードルが高い中、転職をする人は「前職に居られない理由でもあったのでは?」と、勘ぐられてしまう可能性が高くなるのです。

転職理由を聞きその流れで人間関係に関する質問に切り替わってくる事が多く、経験値の高い面接官は、一連の話の中で「人間関係が主な原因で退職した」という事を見極めてきます。

もし、人間関係による退職が事実だったとしても、「うちでは上手く人間関係を築けていけそうだな」と判断されれば問題ないのでしっかり対策に取り組んでおきたいところです。

相手のせいにしない

人間関係を聞かれた時に、100%相手が悪いという言い方をするのは絶対にNG。

人間関係のトラブルは大なり小なり双方に原因があるはずです。そのため、一方的に批判をする事は「自分勝手な人間なのでは?」「同じことを繰り返すのでは?」といった印象を与えてしまいます。

仮に、本当に100%相手が悪い特殊な事例だったとしても、面接という短い時間の中でそのことを伝える事はほぼ不可能でしょう。

自分にも非があったという事を話すのは悔しいかもしれませんが、「こういった対処をできなかったのは反省しなくてはならない」「お互いを知る事が足りなかったのでもっと積極的に話しをするべきだった」という反省点を伝えられるようにしておきましょう。

受け答えのコツ

話すほどの人間関係の不満や困った経験がなかったとしても、前述のような理由から「ありません」と答えてしまうのは好ましくありません。

そのため、質問されることも想定して人間関係について話すことを用意しておきましょう。

コツは、

1,まず、実際に経験した人間関係で困った事を説明

2,次に、どういった改善をしようとしたかを説明

3,反省点を述べる

4,同じトラブルが起きない事をアピール

この4点を入れて話しをするという事が大切です。

人間関係の質問にトラブルの内容だけを話すわけにはいきません。それに対してどんな改善をしたか、またどういった反省点があったか、そして転職後は繰り返す事はないという部分までアピールできると万全です。

回答例

入社して5年目ごろから同期の同僚との関係がギクシャクし上手く意思疎通できず悩んだ時期がありました。

このままではいけないと考え、食事に誘い二人きりで話す機会を作ったのですが、そこで、同僚が営業成績が伸びずに悩んでおり、成績に差がついてしまった私に劣等感から距離を置くようになってしまったのがキッカケである事を知りました。

同僚の悩みに気付くことができずに、相談に乗れる関係性を築いていなかったのは私も反省すべき点かと思っています。

同僚とは、腹を割って話す機会を作った事により関係性も改善し、本音で話し合えるようになりました。

この出来事は「なにか事情があるから関係性がズレている」という基本的な事を改めて考えさせられるキッカケとなり、周りへの配慮といった部分で成長でき自分の糧となっていると考えています。

ひろゆき
確かに伝え方次第で、好印象になりそうだね。ポイントを掴めばなんとかなりそうだ。
ジョブ吉
そうだね!経験⇒改善⇒反省⇒今後。この一連の流れにして話すと人間関係で困っても修復や改善する能力があると評価されるから内定後の人間関係も安心してもらえるんだ。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク