【お悩み相談】入社日の変更で内定を取り消された

スポンサーリンク

当サイトに届いたお悩み相談のメールについて、こちらの記事で回答します。

※相談者様には承諾済み

匿名希望(仮名Aさん)29歳 男性

ジョブ吉さん、はじめまして。

転職に関して悩んでいる時にいつもこちらのサイトを拝見していました。

今回、転職に関して、あるトラブルを起こしてしまったので相談させていただきたいのですが…

3ヶ月間に及ぶ転職活動の末に、内定をいただき、入社日(双方で話し合って決めた入社日)も決まっていたのですが、家庭の事情で決まっていた入社日に行く事ができずに、前日になり1週間入社日を遅らせてもらいました。

この時の対応は、「事情も事情だししょうがないね…」と了承してもらえました。

1週間経ち、再び入社日に近づいてきた時、まだ家庭の事情が収集せず、さらに3日入社日をズラしてもらいました。

この時の対応も「仕方ないね…」といった形で了承してもらえたのですが…、

そのやり取りの翌日、「今回は縁がなかったという事で…」と、内定取消の連絡を受け取ってしまいました。

時系列を整理すると、

8月上旬・・・内定、入社日が8月21日に決まる

8月20日・・・家庭の事情で翌日の入社日を1週間ズラしてもらう(入社日は8月27日に)

8月25日・・・家庭の事情が収集せず、8月27日に入社できそうにないので、8月30日に入社日をズラしてもらう

8月26日・・・内定取消の連絡をもらう

入社日に合わせて会社側も準備を進めるので、入社日を変更してもらうたびに迷惑をかけているのは理解しているのですが、それでも、内定取消という現実は受け入れがたいものがあります。

ジョブ吉さんは、このような事態をどう思われますか?

企業側の『内定取消』という判断は正しいものなのでしょうか?

それとも、理不尽な対応をされたのでしょうか?

入社日をズラすというのが、内定取消に該当する事案という事なら受け入れるしかないと思うのですが…、

3カ月という期間を使い転職活動をしてきたので、今でもその企業に勤めたいと考えているのですが、難しいでしょうか?

スポンサーリンク

ジョブ吉の回答

お便りありがとうございます。

入社日を変更した事により、内定を取り消されてしまったのですね。苦労して転職活動してきたと思いますので、大変、落ち込まれているかと思います。

まず、入社日の変更がレアなケースかと言うと、、実は頻繁に起こる事です。

例えば、在職中の転職活動の場合は、担当しているプロジェクトの引き継ぎが進まない場合などに、入社日の変更を申し出る事になりますし、スムーズに離職できると思っていても、時には上司の引き留めにあいなかなか離職できないかもしれません。

特に、在職中に転職が決まる場合は、入社日の変更が起こりやすいのです。

こういった事情は、もちろん、転職先の企業も理解しているので、入社日を変更される事自体は慣れています。

そのため、多くの場合は、入社日の変更で内定を取り消される事はありません。

しかし、会社の都合で入社日が遅れる場合は、早い段階で把握できるというメリットがありますが、
Aさんの例を見ると、前日に変更の連絡を入れ、次の変更も直前にしていますので、心象としてはかなり悪かった事は否定できません。

というのも、新しい人材を受け入れるには、人事担当者の予定も入社日に合わせなくてはなりませんし、導入研修の担当者などもそれに合わせて動かなくてはなりません。
そんな中、前日に入社の予定が変更となったら、Aさんのために動いていた人達はスケジュールに余白ができてしまうのです。

やむを得ない事情があったとしても、2回連続してそういった事態を起こしてしまったのは、かなり致命的だったのかと思われます。

次に、入社日の変更は、内定を取り消すのに正当な理由となるのかどうか、ですが。

これに関しては、内定取消の理由に該当するという結論になります。

内定とは、始期付解約権留保労働契約という労働契約の一種。簡単に説明すると、入社日より効力を発揮する労働契約で、内定通知で定められる取消事由に該当する場合は、企業側から内定を取り消す事が可能、というもの。

そして、入社日の変更は取消事由に該当するので、取消は有効となってしまうのです。

特に、中途採用の場合、人材不足や、人材の流出によって出来た穴を埋める為に募集される事が多いので、緊急性を要しています。その中で入社日が遅れてしまうのは、求人企業にとって損失でしかありません。

以上のような事情がありますので、残念ながら、Aさんの内定取消という事態を覆す事は難しいという結論になります。

内定取消後は、人事部に連絡をしていますか?

もし、していないのであれば、ダメ元で連絡をしてみるのも一つの手です。厳しい状況ですが、人情味のある人事担当者なら話しを聞いてもらえるかもしれません。

もし、取り合ってもらえない場合は、早めに切り替えて、新たな転職先を探していきましょう。1度内定まで進めたというのは強みです。自信をもって転職活動を進めましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク