面接終了後に気を抜くと不採用になる可能性がある!去り際が肝心!

スポンサーリンク

面接では、面接前の振る舞いに関しても重要という事をお話しましたが、面接後の印象でも選考に悪影響を与えてしまう事があるので注意しなくてはなりません。

面接で好印象だった人が、もし、挨拶もまともにせずに帰ってしまったら…、当然の事ながら好印象だった評価も著しく下がってしまいますね。

去り際は、その人の人間性が現れるともされており、面接官はそういった部分も重視して確認しています。

実際に、私も面接官を担当していた時期がありますが、同僚の面接官は窓からこっそりと会社外に出て道を歩いている応募者を確認していたほどです。

時には「歩きタバコをしながら帰ったよ」という報告を受けた事もあります。当然、完全にマイナス印象となりましたね…。

このようなケースもある事から応募先企業周辺では集中力を切らさず立ち振舞を正さなくてはなりません。

スポンサーリンク

面接後の雑談にも注意

正式な面接が終わった後に雑談が続く事も少なくありません。

そして、時には、その雑談が笑いのおこる明るい話題の時もあります。もちろん、応募者も話題に合わせて表情を崩してもいいのですが、馴れ馴れしい態度をとったり、タメ口混じりになってしまうのはマイナス評価となってしまいます。

私は、昔から実年齢より若く見られる人間でした。それもあってか、ある程度年齢の高い応募者はこういった場面で馴れ馴れしい態度をとる事も少なくありませんでした。

ですが、面接を担当している人間としては、面接が終わったとはいえ、馴れ馴れしい態度をとられてはいい印象を受けるはずもありません。

そういった人は、容赦なく不採用にしていました。個人的な恨みではなく、人間性に信用がおけないと判断したからです。

選考は面接の時間だけに行われる事ではありません。先ほど触れた面接前の振る舞いとは、受付での態度で不採用となる事もあるという内容です。それと同じく面接後も、選考の対象となるのです。

挽回不可能

さらに、注意したいのは去り際で失敗をすると挽回が不可能という事です。

面接中では失敗をしても、その後の受け答え次第で挽回可能なケースも少なくありません。

例えば、最初に緊張しすぎて挨拶がまともに出来なくても、面接中に信用できる人間性を理解してもらえれば大した問題とはなりません。

ですが、去り際に関しては、そのまま帰るわけですから、挽回もなにもありませんね。チャンスも得られないまま終わってしまうのです。

面接に限らずですが、何かと『去り際が肝心』という事が言われますね。去り際の印象が悪い人とまた会いたいとは思えないのです。

異性と初めてデートをする時もそうですね。素っ気なく帰られたら脈なしと判断して次のお誘いもしづらくなってしまいます。

多くの人に見られている

応募先の会社内では、「面接できている人だから一緒に働く事になるかもしれない」と、好奇の目で見られてしまいます。

「見てんじゃねーよ」なんていう態度をとるのはもっての外ですし、そのままスルーするのもいい振る舞いとは言えません。

たとえ、好奇の目で見られていたとしても、目が合えば会釈をするようにして、礼儀正しく対処するようにしましょう。

人事担当者は一人ではない

会社の規模にもよりますが、人事担当者が複数人いる事も珍しくありません。

直接担当にならない人事担当者でも、履歴書の確認や面接の予定は把握しているので、いつどこで人事担当者が目を光らせているか分かりません。

他の人事担当者に「今日、面接にきた人、廊下でスマホいじってたよー」なんて報告が入る事も考えられるのです。

会社内では気を抜かずに、常に人から見られているつもりで行動するようにしましょう。

コンビニやカフェでも要注意

面接が終わって時間に余裕があると、緊張から解き放たれるからか、コンビニやカフェで一休みする人が少なくありません。

ですが、応募先企業の近くのコンビニやカフェにはその企業の社員がいる可能性があるので、気をつけなくてはなりません。

過去には、面接前ですが、カフェで大声で電話をしている光景を目撃されて不採用となったケースもあります。

もちろん、コンビニやカフェに立ち寄るのがダメなわけではありませんが、少し移動してから立ち寄った方が、無難でしょう。気を張る必要もなくなります。(いずれにしても、大声で電話をするのはNGですが)

普段の何気ない動作が出てしまう

普段の何気ない仕草や動作は、面接が終わって緊張感が薄れた時にこそ出てしまいます。

例えば、

  • コツコツ音をたてながら歩いてしまう
  • 音をたててドアを閉めてしまう
  • ため息をついてしまう
  • 背伸び(ストレッチ)をしてしまう
  • 下を向いて歩いてしまう

などなど。

さらには、企業を出た瞬間にネクタイを緩めたり、タバコをすったり、電話をかけてしまったりなど。

思い当たるフシもあるのではないでしょうか?

こういった事のないように、面接後も気を張って行動しましょう。

ひろゆき
なるほどね。確かに、面接が終わると緊張が途切れるし、油断してマイナス印象を与えてしまいそうだね。
ジョブ吉
そうなんだ。帰り際に失敗すると取り返しがつかないからね。せっかく面接が上手くいっても意味がなくなっちゃうよ。気をつけて最後まで慎重に行動しよう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク