応募書類は折り目厳禁!市販の履歴書とセットの封筒はご注意を

スポンサーリンク

市販の履歴書を購入すると、必ず履歴書を郵送するための封筒も入っているかと思います。

しかし、その封筒が『長形3号』と呼ばれるサイズの封筒であれば使うのを控えて、別の封筒を用意した方がいいでしょう。

長形3号とは、よく見かける縦長の封筒で、ごくごく一般的なものですが、A4サイズの履歴書を三つ折りにしなくては入りません。そもそも、履歴書自体A3サイズを二つ折りにしてA4サイズとなっているので更に三つ折りにしてしまうと紙が6重の状態となってしまうのです。

スポンサーリンク

ルールではないが読み手側の気持ちを考える

特に『長形3号はマナー違反』といったルールがあるわけではありません。近年は市販の履歴書でも大型封筒が同封されている事が増えてきましたが、それでも長形3号がセットになっている履歴書も多くあります。セットになっている以上、基本的には問題なく使える封筒という事です。

点の印がありそこに沿って折ると綺麗に三つ折りになる。アルバイトの履歴書などに使った経験のある人も多いのではないでしょうか。

ですが、転職の応募書類ともなると、細かな部分まで気遣いができていることが大切です。読み手側となる人事担当者の気持ちを考えてみましょう。

  • 折り目を伸ばす作業が必要
  • 折り目があり読みづらい
  • 他の応募者の履歴書と重ねるとかさばる(ファイリング)
  • コピーの紙送りが使えない(かもしれない)
  • スキャナーでは折り目が黒くなり綺麗に印刷できない

三つ折りにするデメリットにはこのようなものがありますが、逆にメリットはありません。しいて言えば、郵送料が安いといった送る側のメリットぐらいでしょう。

人気の求人や大規模な求人では、何百枚という履歴書を確認する事もあります。こういった場合で、三つ折りの履歴書が混ざっていたらどう思われるでしょうか。何百枚とある履歴書のうちの一枚に前述のような手間をかけるのは大きな負担となり、それだけで心証を悪くしてしまう可能性も考えられます。

基本的には選考に影響を与えるほどの事ではないとされますが、わざわざリスクを負う事でもありません。

封筒はA4が折らずに入るサイズで

履歴書はA3を二つ折りにしたA4サイズの状態が正式となります。そのため、A4が折らずにゆとりをもって入り、尚且つ、大きすぎないサイズを用意しなくてはなりません。

適合するサイズの封筒は『角形2号』となります。

角形2号は、会社で書類を郵送するときなどに使われるお馴染みのサイズの封筒で、コンビニ等でも簡単に入手可能です(コンビニに売っていないケースもあります。見つからない場合は、文具店やホームセンターなどに行けばおそらく見つかります)。

ただし、色は白地を選びましょう。茶封筒は価格が安く、履歴書を入れる封筒としては使われません。人事担当者に違和感を与えないよう白色の封筒を用意するようにしましょう。

角形2号の封筒であればセットの封筒でもOK

角形2号が簡単に安価で手に入るものだったとしても、わざわざ履歴書と別で購入するのは手間だし効率が良くありません。

そのため、履歴書の購入段階から「セットの封筒がどういったサイズか」という事を確かめ購入することをおすすめします。

『角形2号』と書かれていないケースも多いのですが、『大型封筒3枚セット』といった形で封筒が大きい事を強調した言葉が書かれていれば間違いなくA4サイズがそのまま入る封筒が同封されています。

こういったセットの封筒は、表面の左下に『履歴書在中』と赤字で書かれ赤い枠で囲まれているかと思います。

このような形ですね。

こちらは、“どういったものが封筒に入っているか開けずに分かる”という大切な役割を果たします。普通の郵便と区別するための印となるのです。

そのため、セットの履歴書を使わずに市販の封筒を別に買ったとしても、『履歴書在中』もしくは『応募書類在中』と朱書きで書かなくてはなりません。

そういった点から考えても、セットの封筒をそのまま使えるので楽な選択となります。

ジョブ吉
ちょっとした気遣いだけど、できるだけ角形2号を使うようにしたいところだね。転職活動ではほとんどの人が角形2号を使っているから長形タイプは変に目立ってしまうんだ。
ひろゆき
確かに、折り目が沢山ついていると見た目が良くないしね。幸い、大型封筒がセットになっている履歴書も多く見かけるし、手に入れるのも簡単そうだ。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク