相性のいい転職エージェントを利用する事が重要!

スポンサーリンク

初めて転職エージェントを利用すると、

「なんだか他人行儀でそこまでサポートしてくれないな…」

「親身に考えてくれている気がしない…」

と思ってしまう事があるかと思います。

しかし、それだけで「転職エージェントはこんなもんか…」と判断してしまうのはNG。

転職エージェントが転職活動に有効なのは間違いありません。

一社だけで見切りをつけたり、「こんなもんか…」と納得してしまうのは転職活動の失敗に繋がるかもしれません。

スポンサーリンク

転職エージェントは複数登録して淘汰せよ!

複数の転職エージェントに登録すると、連絡頻度が多くなり煩わしさが増しそうですが、転職エージェントには当たり外れがあり、それは時の運なので、当たりを探し求める作業を行う必要があります。

それに、最初に登録した転職エージェントが「まぁまぁ使える」と判断できていても、他の転職エージェントはさらに使える存在かもしれません。

転職エージェントに優越を付けるには、複数の登録が必須条件なのです。

そして、複数の登録をする中で、理想的な転職エージェント(キャリアアドバイザー)に出会えたら、二番手ぐらいを残し、三番手以降は切ってしまって構いません。

登録したのは求職者側ですが、魅力を感じさせなかったのは転職エージェントの落ち度なので遠慮無くいきましょう。

ただ、登録を解除するのではなく、条件だけ伝えてそれに見合う求人が出てきた時のみ連絡をもらう形にしておきましょう。

そうすれば、煩わしい連絡は無くなり、好条件の求人情報のみが手に入ります。

こういった扱い方をされても、いざ、応募が決まれば転職エージェントは全力でバックアップしてくれるのでご安心下さい。

というのも、転職が決まる事によってキャリアアドバイザーの実績となるので、手を抜くような事はないのです。

考えとしては、

  • 一番手の転職エージェントと小まめに連絡をとる
  • 二番手とも定期的に連絡をとる
  • 三番手以降は好条件の求人のみを提供してもらう

ただし、三番手以降も月に2回ほどは連絡を入れる

ここで注意しておきたいのは、求職者側から転職エージェントに連絡を入れないと、次第に忘れ去られてしまうという事。

そんな事あるの??

と思ってしまうかもしれませんが、実際に忘れ去られます。そして、忘れ去られたままサポート期間が終了します。

キャリアアドバイザーは少なくとも、数十人の求職者を担当しており、大手企業に至っては100人以上を一人でサポートする事があります。

そういった環境では、疎遠となっている求職者の優先順位がどんどん下がってしまうのです。

そうならない為には、三番手以降の好条件の求人だけを狙う転職エージェントに関しても、定期的な連絡を必要とします。

頻度としては、2週間に1回。月に2回程度で構いません。

内容は、率直に「いい求人ありましたか?」でもいいのですが、そればかりを連絡しても印象を悪くしてしまうので、転職意識が高いと思わせるために、「自己アピールの相談」なども使っていきましょう。

担当者を変更してもらうのも有効

転職エージェントを利用していると、キャリアアドバイザーとの相性はイマイチだけど、求人が味力的!といった場面も少なくないかと思います。

キャリアアドバイザーがイマイチだから利用したくない…。

と、魅力的な求人があるのにキャリアアドバイザーが理由で諦めてしまうのは勿体ない話です。

こういった時は、キャリアアドバイザーを変更してもらうというのが有効な手段となります。

方法は簡単です。

  1. キャリアアドバイザーに直接言う
  2. サポートセンターに連絡する
  3. ウェブサイトで変更申請をする

これらの、いずれか一つを選択すればOK。

『1』に関しては、気まずさもあるかもしれませんので、もし言いづらいようでしたら『2』を検討してみて下さい。

『3』に関しては、できない転職エージェントもあります。

【関連記事】

ウェブでキャリアアドバイザーを変更申請

ちなみにですが、変更されたからといって、もともとの担当者が気分を害するような事もほとんどありません。
少なくとも数十人を担当しているわけですから、その中に『合う合わない』があるのは仕方のない事と理解しています。

大切なのは、あくまでも自分。

転職エージェントとの付き合いは、基本的に転職が決まるまでなので遠慮無く使いやすい環境を整えましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク