転職エージェントが求人の紹介を連絡してこない…、相手にされない…

スポンサーリンク

転職エージェントに登録をすると、“しつこいぐらい求人の紹介がある”というイメージを持っているかもしれませんが、時には、全く求人を紹介されない時があります。

メールなどで、『現在紹介できる求人はありません』といった連絡が入り、そのまま案件が紹介される事なく時間が経過してしまうのです。

転職エージェントに全く求人がないという事はありませんので、多くの場合、

  • 転職回数が多く転職に成功する可能性が低い
  • 職歴が中途半端
  • 退職理由がひどい
  • 年齢が高すぎる
  • 学歴は低いのに求めるものが多い

これらのネガティブな理由から求人を紹介されないと考えた方がいいでしょう。

もちろん、たまたま希望する求人が用意できないといった事もあるかもしれませんが、そういった場合は、『求人を用意でき次第連絡をいれる』という事を強調し、他の転職エージェントに流れてしまわない努力をするでしょう。

転職エージェントは、転職を決める事により紹介先企業から手数料を貰う『成功報酬』によって成り立っているので、転職できる可能性の高い人から積極的に求人を紹介します。
そして、転職の可能性が低い人は後回しになってしまいますし、面談時の判断で「転職が難しい」とされてしまった場合は、「現在、案件がありません」という事だけが伝えられそのまま連絡がこなくなってしまうのです。

厳しい扱いですが、実質、サービスが終了したという事になるのです。

スポンサーリンク

他の転職エージェントを利用する

1つの転職エージェントでサービスが受けられないと「どうせ他の転職エージェントも一緒だし…」と諦めてしまいがちですが、転職エージェントには得手不得手がありますので、どういった人を転職に導けるかは転職エージェントによって異なります。

例えば、大手の転職エージェントは、利用者の人数も多いので、転職成功率の高い高スペックの人を優先する傾向にあります。企業としてその方が効率がいいので仕方のない事でしょう。
また、知名度や社会的信用度も高いので、大手企業の高条件求人も大手転職エージェントに集まる傾向にあります。こういった部分から考えても、高スペックの人を高条件求人に紹介する事が優先されるので、転職ハンデをおっている人には不利という事になるでしょう。

一方で、中小転職エージェントは、高スペックとされる求人以外の求人も多く扱っています。
大手転職エージェントで「この人に紹介しても、多分決まらないから…」と判断されていても、中小転職エージェントでは魅力的な利用者とされる可能性が十分あるでしょう。

また、大手とされる中にも、これまで正規雇用でなかった人材を正社員にする事をウリにしている転職エージェントがあるので、そういった転職エージェントを利用するのも有効な手段となるはずです。

地域を限定して探している場合は、その地域に密着した転職エージェントがあるはずなので、そういった転職エージェントも探してみましょう。

いずれにしても、転職に成功する人は平均して4社以上の転職エージェントに登録しているとされるので複数の転職エージェントに登録して相性を見極めるのは重要な作業です。

1社で諦めるのではなく、必ず複数社に登録して下さい。

登録できたなら基準はクリアしている

転職エージェントは誰でも登録できるわけではありません。

登録するにも一定の基準があり、それをクリアしていないと登録すらできないのです。

つまり、求人を紹介されない場合でも、登録の基準はクリアしているという事。

ではなぜ、登録の基準は満たしているのに求人を紹介されないのか?

理由としては、先ほどのように転職できる人を優先してサポートするという事情も関係していますが、最初の面談で「転職が難しいだろう…」「紹介したくない」と、判断されてしまった可能性も十分に考えられます。

「この人を紹介したくない…」と判断した人を、取引先(求人を出している企業)に紹介してしまうと転職エージェントとその企業との関係が悪くなってしまう事もあります。
場合によっては、その後の取引がなくなる可能性も考えられるでしょう。

転職エージェントとしては、求人を出している企業との関係性も考えながら仲介していかなくてはならないのです。

そのため、最初の面談でしっかりとアピールする事も重要です。「サービスを利用してやってるんだから早く求人を紹介しろよ」なんて態度は以ての外、信頼しあえる関係性を築く努力をしましょう。

そうする事によって、転職ハンデを持っている人でも優先的に紹介してもらえる可能性が高まります。

催促する事も大切

「転職エージェントに登録したら連絡がくるのを待つ」というスタンスの人が多いのですが、ただ連絡を待つだけはあまり良くありません。

というのも、転職エージェントは成功報酬によって成り立っているので、『転職意識が高い人を優先してサポートする』ものなのです。

そのため、自分から連絡して進展情報を確認する事も大切です。「転職意識が高いですよ」というアピールに繋がり、新しい求人が出た時に優先的に紹介してもらえる可能性があるでしょう。

頻度は1〜2週間に1回程度で問題ありません。アピールも兼ねて自分から連絡してみましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク