転職活動は会社を続けながら?辞めてから?メリット・デメリットの違い

スポンサーリンク
ひろゆき
転職を決めているけど、会社を続けながら転職活動するか、辞めてからするかで悩んでいるんだ
ジョブ吉
どっちが良いかはその人の環境によって異なるんだ!それぞれにメリット・デメリットが違うからしっかりと把握する事が大切だよ
スポンサーリンク

転職活動を行うタイミング

「転職をする!!」

という意思が決まっていると、「会社を辞めてから集中的に転職活動を行うべきだろうか…」と悩む人も多いようです。

転職活動のタイミングを大きく分けると、

  • 会社での勤務を続けながら転職活動をする
  • 会社を辞めてから転職活動をする

の2つに分類されますね。

「いずれ転職しようかな」「いい転職先があれば転職しようかな」といった考えの場合は、今の仕事を続けながら転職活動を行うといった判断が強くなりますが、いずれにしても今の会社を辞めると決めている場合は、会社を辞めてから転職活動をするという選択肢も視野に入ってきます。

また、今の仕事が忙しく時間が取れない場合も、辞めない限り転職活動を行えないかもしれません。

“辞めてから転職活動をするか”それとも“辞めずに転職活動を行うか”同じ転職活動でもその状況は全く異なっていますね。

人それぞれ置かれている状況は異なっているので「こちらが正解」といった結論はありませんが、双方のメリット・デメリットを理解して選択をしなくてはなりません。

会社を辞めてから転職活動を行う

メリット

【企業が指定した面接日時に合わせられる】

働きながらでは、面接が決まっても行けないケース、直前に仕事が入ってしまうといったケースが考えられます。みすみすチャンスを逃す結果になる事もあります。

【急募のケースに強い】

会社に所属している場合は、「辞める」といった意思を伝えても場合によっては数ヶ月その会社で引き継ぎ作業などを行う必要があります。その点、辞めている場合はすぐに働けるので急募の求人に有利と言えるでしょう。

【面接で熱意が伝わる】

会社に所属しながらでは転職先の企業としても「本当にうちで働いてくれるのか?」といった不安な要素を少なからず持っています。

【求人の情報収集に有利】

様々な求人情報を確認する時間や選ぶ時間が得られます。

【書類作成に時間をかけられる】

書類の作成は想像以上に時間がかかります。面接対策などもそうですね。こういった点は時間が多く取れたほうが有利となるでしょう。

【資格取得などに時間を作れる】

転職に有利に働く資格取得などの時間が取れます。

デメリット

【収入がない】

失業保険などを得る場合もありますが、これまでの給料水準ではもらえないので経済的に負担が大きくなります。

【離職期間が長くなるリスク】

たとえ仕事を辞めてもすぐに仕事が見つかる保証はありません。そのため、離職期間が長引いてしまう事もあります。

離職期間が長いと企業側の印象にも悪影響を与え、尚更、転職活動が長引いてしまう事もあるでしょう。

【長引いた末に妥協】

働いていない状態で転職活動が長引くと、焦って妥協点が下がってしまう事が多くあります。そういった場合は、「転職しない方がよかった…」といった後悔に繋がってしまう事もあるでしょう。

辞めてからの転職活動で成功するには

【複数の会社に同時に応募】

面接等に慣れるためにも、多少本命でなくても応募し経験を積みましょう。チャンスを増やす事により長期化させるリスクを減らせます。

【目指す転職先の勉強を怠らない】

離職期間はどういった過ごし方をしているか?という質問が多くされます。そういった時に有効になるのは転職先で役立つ専門知識などの習得に時間を使っているという答えです。資格取得といった明確な目標がないとしても勉強して努力を怠らないようにしましょう。

【離職する前から書類作成などを進める】

離職の決心をしても、実際に離職をするまで一定の期間がかかりますね。そういった期間に応募書類の作成や面接での受け答えを十分に練っておきましょう。

辞めずに(働きながら)転職活動を行う

メリット

【収入がある】

転職活動をしていても、これまで通りの収入が得られるので経済的に貧困するリスクが少なく済みます。

特に家族がいる場合などはこの違いが大きいですね。心配をかける事も少なくなります。

【転職活動が長引いてもデメリットが少ない】

離職期間があるわけではないので、例え1年以上転職活動を行っても、転職先の企業に不信感を持たれる心配もありません。

「この人はどの企業も雇わないんだ…」といったネガティブな印象を与える事がないのです。

【今の仕事を続けるという選択肢も残せる】

勤めている会社に不満があったとしても、転職活動によって周りの会社の現状を知り、今の会社が魅力的に感じてくる可能性もあります。

そういった場合は、そのままその会社で働き続けるという選択肢も視野に入りますね。

【情報を得やすい】

仕事を辞めてしまうと、少なからずビジネスの現場から遠ざかってしまう部分があります。その点、仕事を続けているとさまざまな情報を得やすい環境に身をおいているという事が言えます。

【転職に有利な経験を積みやすい】

転職で最も重視されるのは実務経験・スキル。

仕事を辞めると資格取得に向けた勉強などができますが、実務経験ほど有利に働く事はなかなかありません。

続ける事により転職市場でプラス評価される事もあるでしょう。

デメリット

【時間が作れない】

多くある求人情報からどういった企業が自分に合っているか、その企業がどういった環境か、こういった事を調べるのは手間がかかり企業に勤めながらでは難しい部分があります。

また、書類作成といった事に時間が十分作れない事もあるでしょう。

【タイミングを逃す】

これまで通りの収入があるので切羽詰まる状況とはならず、転職活動に本腰を入れられない可能性もあります。

【面接の日時調節ができない】

有給などを使い数日程度であれば面接日時を調節できるかもしれませんが、その状況をずっと続けるわけにはいきません。

そのため、指定された日時に面接等に行けない可能性もあるでしょう。

働きながら転職活動を成功させるには

【空いた時間を転職活動に】

自宅でテレビを見る時間、通勤時間、休憩時間などなど、様々な空き時間を書類作成や面接時の自己PRを練る時間にあてましょう。

【明確な目標を立てる】

働きながらの転職活動は先延ばしにしてしまいがちです。しかし、それではみすみすチャンスを逃してしまう可能性もあるので、明確な目標・スケジュールを立てておく必要があります。

【転職エージェントを積極的に利用する】

転職活動の時間を多く取れないので情報収集に使う時間にも限度があります。そこで、複数の転職エージェントに登録して自分にあった求人情報をより多く収集するようにしましょう。

離職期間が長引くのは禁物

転職活動でもっとも怖いのは離職期間を長引かせてしまうという事。

せっかくの良い学歴、良い職歴があっても半年や1年といった長期間の離職期間があると企業側の印象が悪くなり不信感を抱かせてしまいます。

ビジネス環境は日々変化していきますね。ブランクが長いと「現場感覚がなくなっているのでは」といった捉え方や、最悪の場合、「働く意欲がないのでは」といった疑い方をされてしまう可能性もあるのです。

そのため、離職期間の長期化だけは絶対に避けたいところです。

どちらの活動スタイルにもメリット・デメリットがあるのですが、離職して転職活動をするのは特にリスクも大きいという事を把握して行動しましょう。

双方のメリット・デメリットを認識して失敗を防ごう!

ジョブ吉
メリットを生かす事によって有意義な転職活動ができるという事なんだ
ひろゆき
なるほど!こういった事をしっかり把握して転職活動を進めないと大変な事になるね
ジョブ吉
そうだね。転職は人生の大きな分岐点。メリット・デメリットをしっかり確認して自分にあった方法を選択しよう

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク