タイミングをみて転職活動すると効率アップ!月別求人が多くなる時期

スポンサーリンク
ひろゆき
最近、転職活動をしていても、一時期ほど良い求人が見つからないよ。
ジョブ吉
この時期はやや下火になるタイミングだからね。季節による求人数の変動を覚えておくと便利だよ。

「転職を考えているけど、なかなか始めるタイミングが決まらない」

転職をする!と、心の中では決めているのになかなか実際に行動に移る事ができないという人は少なくありません。

そんな時は、季節による求人市場の変動を把握したうえで転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

求人市場は、会社の都合により活発な時期と低調な時期があります。せっかく転職活動を始めても、低調な時期では理想とする求人が見つからないかもしれませんし、逆に活発な時期に転職活動を始められれば、魅力を感じる求人がいくつも見つかるかもしれません。

ただし、前もってお話ししておきますが、求人が多い時期は求職者も多くなりますので、倍率自体はそこまで変わりません。しかし、求人が多いという事はそれだけ幅広い企業から選択可能。倍率が変わらないのであれば少しでも求人が多い時期に転職活動をした方が選択肢が増え魅力的な求人に出会える可能性も高まるはずです。

あくまでも『難易度が下がるのではなく選択肢の幅が広がる』という事を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

求人の季節変動

2〜4月は求人が多い

2〜4月は1年の中で最も転職市場が活性化する時期です。3月という決算時期を迎え新年度に向けた体制整備が行われます。そして、それに伴い必要な人材を集めようとするのです。

また、未経験者に向けた求人もこの時期に多くなります。新卒の新入社員と一緒に研修を行えるというメリットがあるためです。第二新卒といった形で新卒後3年以内に転職活動を行う場合はこういった時期を狙うと4月1日付けで大量採用してもらえる可能性が高まります。

一方、4月度に転職して働き始める人が多いという事は、その分、転職してしまい人材不足に陥っている企業も多い季節となります。そのため、4月も引き続き転職市場が開けた状態という事が言えるのです。また、年度の変わり目で新規事業を立ち上げることも多くそれに伴う求人も増えます。

ただし、外資系は12月に決算を行うことが多く、その前後の時期に求人が増える傾向にあります。

5〜6月はやや下火

4月までの求人が多い時期を終えると、今度はやや求人数が減る時期が続きます。

ただし、中小企業は3〜4月に大量採用を実施する事も少ないので比較的この時期でも求人数が落ちることはありません。

大手企業は、全体的に求人数の減る時期です。元々、中途採用に力を入れている企業はこの時期にも継続して求人を続けますが、新卒採用がメインで採用部署が中途採用と統一化されている企業は求人数が落ちる傾向にあります。

7〜10月は求人が増える

10月になると半期が終わり、再び新規事業立ち上げや人員の補充などを行います。そのため、それに向け7月あたりから徐々に求人が回復していき10月に決算期に次ぐ求人のピークを迎えます。

10月に人事異動が行われ組織体系が大きく変わったという経験をお持ちの方も多いでしょう。こういった変化があると、必ず「ここのポジションに人が欲しい」といった需要がでてきますので、マネジャークラスの求人も多くなります。

また、外資系は12月の決算期に向け徐々に求人を増やしていく時期でもあるので、外資系を希望している人はこの時期から求人にしっかり目を通しておきたいところです。

11〜1月は再び下火だが大手企業は求人を開始する時期

10月の人事異動などによる求人も一段落し、11月に入ると再び求人が減り下火の時期となります。

その一方で大手企業など、書類選考に時間をかけ、面接を一次・二次・最終までの3段階行い慎重に選考を進める企業は、4月度に向けた求人をこの段階から出し始めます。

もし、大手企業を狙うのであれば11月から徐々に書類選考に応募し始め、年度内に書類の合否をもらっておくと企業研究を行う時間も作れて有利に進められるでしょう。当然のことながら、年末年始は選考が滞りますので、それまでに一定の結果を出しておきたいところです。

有利不利はそこまでない

求人の多い時期と少ない時期ははっきりとしていますが、先程も触れた通り、求人の多い時期は転職活動を行う人も多く倍率自体は求人の少ない時期とさほど変わりません。

ですが、求人が多い分、選択肢が多いというメリットは間違いなくあります。魅力的な求人が多ければ転職活動をするモチベーションも高くなりますね。「ここに入社できたら最高!」この気持ちだけで転職活動は本気になれるものです。

一方で求人が下火になる時期に魅力的な求人が全くないかというと、けしてそんな事はありません。理想とする職種で突発的な求人が出る事も考えられますし、企業の新規事業立ち上げがそういった時期に行われ大量採用が実施される可能性もあります。

そのため、求人が多い時期は転職活動を開始する一つのきっかけ程度に考えておき、本格的に転職活動を行うのであれば一年通して求人情報にアンテナを張っておいた方がより効率よく転職できるでしょう。

転職を考えているけど、踏み出せずにいるという人は『後押し』が必要な部分もあるでしょう。そういった人は、まず転職エージェントに登録をして日々どういった求人があるかを見定めてみましょう。いずれ「この求人いいな!」と思えるものが見つかるはずです。そういった『後押し』によって一気に踏み込んだ行動ができるという人が非常に多くいます。

ひろゆき
なるほど、今は求人数が少ない時期に入ったということだね。
ジョブ吉
そうなるね。でも、このタイミングだからこそ出会える求人もあるから気長に転職活動をしていこう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク