仕事に飽きた。変えたい…。転職活動をして他の企業を確認してみよう

スポンサーリンク

毎日同じ事の繰り返し…。

機械のように決まった事をやっている…。

仕事にやり甲斐を感じず、『仕事に飽きた』と考えている人は少なくないかと思います。

もちろん、どんな会社でも同じ業務を繰り返す事はあるのですが、せっかく働くのであれば、少しでも刺激がありやり甲斐のある仕事がいいと考えるのが普通の発想でしょう。

人によってはこの先の何十年と働くわけですから、数ある選択肢の中でも最善の手段を考えた方がいいはずです。『飽きる』というのは、けして後ろ向きな事ではありません。

スポンサーリンク

飽きる理由は?

そもそも何故仕事に飽きてしまうのか?

働くこと自体に疲れて飽きてしまっているのか?そういった原因を分かっていない限りは、新しい職場でも同じ事を繰り返してしまうだけです。

まずは、どういった理由で『飽きている』のかを考えてみましょう。

やり甲斐がない…

例えば、覚えれば誰でもできる仕事内容だと、成長できている実感も湧きませんし、やり甲斐を失ってしまうでしょう。

製造業や、小売業などはこういった感情を抱いてしまう事も多いとされます。

ただ、こういった事も考慮して、やり甲斐を失わないように、配置を変えたり新しい事を覚えさせたりと、企業側も努力しているケースもありますので、業種というよりは、企業によって左右される部分でもあります。

ライバル意識や張り合いを持てない

普通に仕事をこなせば一定の給料をもらえる。特に頑張ったとしても評価はされないし、給料にも反映されない…。

こういった環境に身を置いている場合は、飽きてしまうのもごく自然の事でしょう。

仕事は一定のライバル意識があった方がやり甲斐が出てきますし、日々のモチベーションに繋がります。ただ、こちらに関しても業種や企業に左右される部分です。
営業職などは数字として表れるので比較的やり甲斐を感じやすい職種だと言えます。

同じことの繰り返し

『飽きる』という言葉が一番相応しいのはこちらの項目となりそうですね。

朝起きて出勤して、昨日と同じ仕事をこなして、帰宅して寝て、また朝起きて出勤して、昨日と同じ仕事をこなして……

職種によっては、どうしても、同じことを繰り返す事になります。次第にやり甲斐を感じなくなり、モチベーションも下がってしまうでしょう。

仕事において持続性は重要ですが、ほぼ100%同じ事を繰り返すのは辛い部分がありますね。せめて、1割でも前日と違う内容が加わるといいのですが…。

仕事環境を変えるには

どんな仕事でもそうですが、時には「飽き」を感じてしまいます。飽きを感じた時にどういった対処をするかで仕事への気持ちも変わってくるでしょう。

目標を決める

毎日同じ内容を繰り返すと、「この作業は〇〇分で終わるから…」と頭の中でおおよその時間や仕事量を計算しながら仕事を進めていくかと思います。

しかし、これでは達成感を感じられません。

その状況を打開するには、少し高めの目標設定をしてみるのが有効です。

例えば、

  • 昨日は、午前中にここまでの仕事ができたから、今日はプラスαこの仕事もしてみよう
  • 業務の改善提案をしてみる
  • 新しい業務を回してもらえるように上司に相談する

など、自ら仕事に変化を加え、尚且つやり甲斐のある環境を作っていくのです。

仕事を増やしても、給料は変わらないし…。という意見もあるかもしれませんが、周りより優秀な仕事ぶりを発揮すれば、必ずどこかで評価されるはずです。昇進や昇給に繋がると信じて継続する事も大切です。

趣味を作る

趣味のある人は、仕事以外でやり甲斐を感じる事ができるので、比較的、同じ事の繰り返し業務でも、モチベーションを保ちやすくなります。

無理して趣味を作るのは逆にストレスとなってしまいますが、もし、何か気になっているけど、始められずにいる事があれば、思い切って挑戦してみるのも有効な手段となるでしょう。

転職活動をしてみる

あくまでも「転職活動をしてみる」で、いきなり「転職をする」わけではありません。

在職中であっても転職活動は可能なので、違う企業の仕事内容や、ご自身がどういった企業に転職可能なのかを探ってみましょう。

在職中の企業と比較してみる事が大切です。

その中で、「今の企業は悪くない。続けてみよう」と改めて仕事を見つめなおす人も少なくありませんし、

逆に、「やっぱり、今の企業は向いてなかった…、この企業に転職できるなら本格的に転職活動してみよう」と、考える人もいます。

もちろん、どちらも正解です。

先、何十年と働く事を前提に比較検討してみて下さい。

在職中の転職活動は転職エージェントが必須です。無料で利用できますので、まずは登録して相談してみましょう。

そもそも転職エージェントとは?使う意味とメリットについて

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク