面接の持ち物チェック表(リスト)

スポンサーリンク

面接の持ち物を「当日に用意しよう」という感覚で考えていると痛い目にあう事も少なくありません。

例えば、面接に行く途中で、お店に立ち寄って買おうと思っていても、電車やバスが遅れてしまいお店に寄れない事も考えられますし、目的のものが見つからない可能性もあります。

面接に必要な持ち物は遅くとも前日までには用意しておきたいところです。

しかし、前日までに用意していたつもりでも当日に「〇〇を用意しておくべきだった…」と忘れ物をしてしまう事も時にはありますね。

そこで、

  • 前日までに持ち物を用意しておく
  • 持ち物チェックリストを利用して抜けがないように確認しておく

という二段構えで忘れ物防止をしておきましょう。

忘れ物をしているのが面接官に伝わるとマイナスの心証でしかありません。企業研究などに多くの時間を使っているかと思いますので、忘れ物でマイナス評価を受けるのはとても勿体ない事ですね。

今回は、忘れ物を防ぐためのチェックリストを紹介します。

スポンサーリンク

面接に必要な持ち物

□履歴書や職務経歴書

事前に郵送している場合は不要ですが、持参して面接と同日に確認してもらう場合は忘れると致命的です。

持参する際の封筒の宛名などの書き方には注意点があるので、そういった部分のマナーもしっかり守って用意しておきましょう。

履歴書持参の場合の宛名のマナー

□履歴書や職務経歴書のコピー

郵送している場合は履歴書や職務経歴書のコピーを当日に持っていくようにしましょう。

面接はそれらの書類をもとに進められるので、当日の移動中や待機している時間など合間合間に反復して確認しておきたいところです。

特に複数社に応募している場合は、他の企業の履歴書に書いた事を話してしまうミスも少なくないのでそういったミスのないように気をつけましょう。

□筆記用具・メモ帳

面接中は面接官の許可をとりメモ帳にメモを取る機会も少なくありません。重要な事を伝えられ思い出せずに人事担当者に問い合わせるのはあまりいい事ではありませんからね…。

そういった事のないように筆記用具とメモ帳を忘れないようにしましょう。

□スケジュール帳

場合によっては次の面接の日程がその場で決まる事もあるので、スケジュール帳を持っていくようにしましょう。在職中である場合は行ける日も限られていますし、他の企業の面接との日時調節もしなくてはなりません。

□印鑑

交通費の支給などがある場合、印鑑を必要とする事もあります。シャチハタはNGですが、認印はOKです。

□多めの現金

電車が遅れている場合はタクシーを利用するなど臨機応変な対応が必要です。念の為、予定の交通手段より多めのお金を用意しておきましょう。

□腕時計

企業についてからも何かと時間を確認する場面があるかと思います。スマホでも時間は確認できますが、ややビジネスマナーに反する感は否めません。腕時計で時間を確認するようにしましょう。

□携帯電話・スマホ

当日、交通機関などの都合により遅れてしまう可能性もあります。そういった場合は、遅刻する旨を電話で伝える必要があるので、忘れずに携帯電話を持っていくようにしましょう。

また、事前に人事担当者に繋がる電話番号を電話帳に入れておくと便利です。

□ハンカチ・ティッシュ

緊張などから面接中に汗をかくことがあります。そのままにしておくわけにも袖で拭うわけにもいかないので、ハンカチ・ティッシュは用意しておくようにしましょう。

また、ハンカチはシワのないものを、ティッシュは広告の入っていない物を用意して下さい。

□求人情報やパンフレット

当日にどういった情報を改めて確認するかは状況によって変わってくるので、求人概要が確認できる資料や、企業のパンフレットなどを持っていくようにしましょう。

□面接先への地図や乗車駅

行き慣れている場合は不要ですが、どこで乗継するか、どの道を歩くかなどの情報をプリントアウトして用意しておきましょう。

□鏡・クシ・ミントタブレット

移動中に髪型や服装が乱れてしまう可能性があるので、鏡やクシを持っていくようにしましょう。また、緊張から口の中が乾いてしまうのでミントタブレットなども持っていると便利です。

□折りたたみ傘

天気予報を確認して必要に応じて折りたたみ傘を持って行きましょう。

□持参の指示があったもの

企業によっては健康診断書など、持ってくるものの指示があります。これらのものは絶対に忘れないようにしましょう。

□服用の準備

スーツ等、当日の服装についてもしっかり確認しておきましょう。

  • ワイシャツにシワがないか
  • ワイシャツの種類
  • スーツの色
  • ネクタイの色

など、それぞれにマナーがあるのでこちらの記事で詳しく確認しておきましょう⇒面接の服装のマナー

・・・

以上が、面接当日に必要となるもののチェックリストです。

忘れ物がなければ、余計な心配もしなくて済みますね。万全の状態で面接に挑めて精神的にも余裕がでてきます。事前にしっかりと準備しておきましょう。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク