会社にバレずに転職活動する方法

スポンサーリンク

転職活動のタイミングは大きく分けて、

  • 在職中
  • 退職後

の2つ。

退職後に時間がある中で転職活動を行いたいという意見も多いかもしれませんが、転職活動が思うように進まない事も多く、時には、離職期間が半年や1年を超える場合もあります。
これだけ離職期間が長引くと、「どの会社も採用しなかったのでは…」「ビジネス感覚が鈍っているのでは…」といった心理が企業側に働いてしまい、ますます転職活動が厳しいものとなるでしょう。

そのため、転職活動するのであれば、できるだけ離職前に行動するのが理想です。

ですが、ここで心配なのは会社に転職活動がバレてしまうのでは?という事。

今回は、会社にバレずに転職活動をする方法について確認していきましょう。

スポンサーリンク

会社に転職活動がバレない方法

会社に転職活動をしている事がバレるのは百害あって一利なしと考えた方がいいでしょう。基本的にメリットはありません。

これからもその会社で頑張ろうとしている輪の中で、その会社から離れようとしている事が知られてしまえば、周りのモチベーションにも影響しますし、重要な仕事を任される事もなくなってしまうでしょう。

そして、最悪なのは、『転職活動をしてみた結果、やはり在職中の企業に残る事にした』というパターン。

一度離職を決めて、それが会社に知れ渡っているわけですから、もしかしたら会社八分目といった扱いを受け続ける事になるかもしれませんね…。

信用できる同僚や上司にも基本的に相談しない

信頼できると考えていた同僚や上司に相談しても、気がつけば、社内全体に転職の話が広がっているという事は少なくありません。

あの同僚なら信用できるから問題ない…、と、考えているような相手でも基本的に離職話しに関しては会社内でしない方がいいでしょう。

相談するのであれば、社外の人が無難です。大学時代の同級生や同業種で働いている知人などがいればそういった人に相談してみましょう。

私も実体験として、転職を同僚に相談して社内にその話が広がってしまうという経験をしました。どの会社でもあるあるの話かと思います。

予定をまとめる

転職活動の面接は基本的に平日となるので、わざわざ有給をとり面接を受けに行くという事が多くなります。

しかし、急に有給を頻繁に取りだしたら、在職中の企業ではどう思われるでしょうか…。

おそらく、何かしらの疑いが持たれてしまうはずです。

よくありがちなパターンとして、家族が病気という事を理由に頻繁に有給をとり転職活動を進める人がいますが、最終的に転職をしてしまうと、「あの時の有給は家族のためではなく転職活動だったんだ…」という遺恨を残してしまうかもしれません。

そのため、できるだけ有効に有給を使う事が大切です。ポイントは予定を1日にまとめる事。

例えば、午前中に1件面接をして、昼過ぎに1件、夕方に1件など、1日に2〜3社の面接をこなせれば上出来です。

バラバラに予定をたてると、2〜3日の有給を必要としますが、これなら1日なので不信感を持たれる可能性も減りますね。

転職エージェントを活用

在職中の転職活動は、できるだけ自分の負担を減らす事が重要。

そのためには是非、転職エージェントを利用して下さい。

転職エージェントを利用すると、

  • 自分に適した求人を探してくれる
  • 応募書類の添削をしてもらえる(時には作成をしてもらえる)
  • 面接の日程調節をしてくれる
  • 過去の紹介実績から面接のアドバイスをしてもらえる(模擬面接もしてもらえる)
  • 給料交渉をしてくれる

などなど、本来自分でやるべき手間のかかるこれらの作業を全て引き受けてくれます。

在職中にご自身で転職活動を行うのは想像以上に手間のかかる事です。求人を探すだけでも一苦労でしょう。

そのため、

  • 転職機会が遅れてしまう
  • 転職のタイミングを逃してしまう
  • 結局、在職中に転職活動ができずに離職してから転職活動をする事になる

など、予定通りに進められなくなる可能性が高まります。

また、転職エージェントに登録すると、その後は、キャリアアドバイザー(担当者)と二人三脚で進めていく事になるので、あなたの勤務を考えた転職活動を提案してくれます。

連絡をとるのも、あなたにとって都合のいい時間となりますし、有給がとれない場合は、土曜日や平日の遅い時間などに面接をセッティングしてくれるなど、最大限のサポートをしてくれるでしょう。

まずは、登録をして相談してみて下さい。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク