【転職の面接】聞き返す事は失礼にあたらない

スポンサーリンク

面接では面接官の言葉が理解できない事も多々あるかと思います。

  • 考えながら聞き取ろうとして理解が追いつかなかった
  • そもそも聞き取れなかった
  • 質問の意図が分からなかった
  • 話す内容を整理しているうちに聞きそびれてしまった

などなど、理由はさまざまですが、質問の意図が分からないまま応募者が話すタイミングになる事は珍しい事ではないのです。

相手の話しを理解できていないのであれば、まともな回答ができるはずもありませんね。まず、間違いなく的を射た回答とはならないでしょう。

その結果、質問の意図を理解していなかったということを面接官は100%見抜いてきます

スポンサーリンク

しっかり聞くのが応募者の役目

テーマである『聞き返す事はOK』の前に“聞く事の重要さ”についても触れておきましょう。

面接とは、会話をする場です。流れ次第で、その企業で採用されるかどうか運命が決まってくるわけですから、慎重にさまざまな事を考えながら進めていくのは重要な事となります。

しかし、面接官が話している時は相手の目を見てしっかりと聞く事に集中するべきです。別の事を考えていると聞いているように装っても隙が生じ、「集中して聞いているのか?」といった疑念も持たれかねません。

今回のテーマである聞き返す事に関しても、多くとも2回以内には抑えたいところです。日常会話でもそうですが、数回聞き返しても理解できない時は、その後聞き返す事が難しくなりますよね。それは、「失礼になるのでは」という感情が働くからです。面接という場面では尚更ですね。やはり、複数回聞き返してしまうというのは、『理解力』や『集中力』といった部分を疑問視されてしまい心象を悪くしてしまうでしょう。

大前提として、面接官が話している時は聞く事に集中するようにしましょう。

前の受け答えを振返って反省しても仕方がありませんし、聞きそびれるほど伝えるべき事を考えるのも効率が良いこととは言えません。

どうにも聞き取れない喋り方を面接官がしている場合は例外ですがね…。応募者は悪くありません。聞き返しましょう…。

理解できなかった場合は聞き返してOK

どれだけ集中しても相手の話している事を理解できない時はできません。ましてや面接という緊張した場面、思い通りに頭が回らない事も少なくないでしょう。

こういった時は、素直に聞き返しても問題ありません

先ほど触れたように日常会話でも理解できずに聞き返す事はなんら珍しい事ではないので1、2回で「聞いてなかったのかよ」といったマイナスの印象を与える事はまずないでしょう。

  • すいません。もう一度おっしゃっていただけないでしょうか
  • 今の質問は、〇〇といった意味でしょうか
  • 上手く理解できなかったのでもう一度よろしいでしょうか

その場面場面に合わせて聞き返す言葉を選択しましょう。丁寧に聞く姿勢を見せたうえでの質問であれば問題ありません

最悪のケースは、理解できていないまま受け答えする事です。

前述の通り、まず100%見抜かれます。「質問と関係ない答えだ…」「完全に聞きそびれてたな…」という印象は最悪ですね。面接官からしてみれば質問した事に適当な事を答えられてしまったわけです。

この事を考えると、確実に聞き返す事の方が低リスクと言えます。

理解できないまま答えようとしてしまうのは、「質問を聞き返すのは失礼なのでは」という迷いから生じます。

面接前に「理解できなかった場合は聞き返すのも失礼ではない、むしろ理解できないまま受け答えする方が失礼だ」という事を改めて、心に留めておきましょう

聞き返したら、しっかりと理解する

言うまでもない事ですが、一度聞き返した質問を再び聞き返すのは、さすがに相手の心象を悪くしてしまう可能性があります。

「聞き返してしまった」と動じるのは時間の無駄です。一度聞き返した以上、理解する事だけに集中するようにして下さい。

それでも、理解できなかった場合は…、

「〇〇の事についての質問ですね」と、理解している事を装って相手の言葉を引き出すようにして下さい。

くれぐれも、

  • もう一度よろしいでしょうか
  • 理解できなかったのですが…

というワードは避けるようにして上手く切り抜けましょう。

・・・

聞き返さずに済むのが理想ですが、理解できないまま答える事は出来ないので「あやふやなまま回答はしない」ということを念頭に置いて面接に挑みましょう。

ひろゆき
確かに、理解していないまま答えるのは、失敗するリスクが高すぎるよね…。聞き返しづらいとは思ってたけど、これからは理解できなかった時は素直に聞き返すようにするよ。
ジョブ吉
そうだね!聞き返す事より分からないまま答える方が失礼という事を心に留めて面接に挑もう!

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク