20代で正社員の仕事がないなんて事は絶対にない!就活のコツ

スポンサーリンク
ひろゆき
20代の友人が正社員になれそうにないからって、パートを始めたんだけど、やっぱ若いからといって就職できるわけではないんだね…。大変な時代だよ!
ジョブ吉
そんな事はないよ!
若いというのは最大の武器になるんだ!就職できないのには理由があるんじゃないかな?
スポンサーリンク

20代という若さならいくらでも就職可能!

せっかく就職できた企業を退職してしまうなんて…。

離職をしてしまうと、親戚や友人からの目線は想像以上に厳しい物があるかもしれません。

ですが、現在は、大手企業でも大幅な人員削減、時には破産といった形になり、終身雇用が約束されている時代ではありません。

終身雇用が美徳とされていた時代はとうの昔に終わっているものと考えて下さい。

では、そんな環境で離職してしまった人に次の就職先がないのか??、というと、そんな事はまったくありません!

ましてや、転職市場において『若さ』というのは最大の武器です。20代というだけで開かれる就職口は多数あるので、転職できない場合は、以下の項目に該当しているのかもしれません。

応募書類や面接が苦手!

上手くいかない転職活動は、

書類の段階で落とされていますか?

面接の段階で落とされていますか?

それとも、どちらでも落とされていますか?

もし、書類の段階で落とされている場合は、魅力ある書類の書き方を考えてみましょう。例えば、自己PRが応募先の企業と関係ない事をアピールしているなど、間違った書類の書き方をしてしまっているかもしれません。

魅力的な履歴書の書き方。書類選考で通らない場合はトライ!

一度、書類の書き方について見直してみましょう。ほんの一文変えるだけでも大きく印象が変わってきますよ。

一方、応募書類は通るけど、面接で落とされるという場合は、やはり、魅力的な受け答えができていないという事になります。

何より、書類で通っているので、基本的な条件は全て満たしているはずです。あとは、面接で、それらを上手くアピールできるかどうか。

明るくハキハキと答えられていますか?応募書類と矛盾した事を言っていませんか?目線は泳いでいませんか?

書類が通っている地点で、受かる可能性は0ではありません!基本的な事から見直してみましょう。

高望みし過ぎ!

20代の就職口が多いとはいえ、好条件の求人には『若い』というだけで受かる事はできません!
本来、当然の事ではありますが、少しでもいい企業にと、高望みしてしまっている部分がないでしょうか?

給料面、福利厚生、仕事内容、休日日数など、もちろん、どれも大切な項目ですが、どれもこれも自分の望む条件をクリアさせるのは、ほぼ不可能です。

どこかで妥協点を考えなくてはなりません。

これまでの経歴がどの程度なのか、改めて考えてみましょう。そして、自分に合う就職先を探しましょう。
高望みは悪いことではありませんが、就職活動が長引くほど、状況は苦しくなってしまい、本来狙える企業も狙えなくなってしまうかもしれません。

20代向けの求人は多い!

20代という若さは、転職市場において最大の武器になります。

求人の中には、“若いというだけで条件を満たし”これまでの経験を不問としているものも少なくありません。

「働き始めてから仕事を覚えてもらえればいい」

若い人は『育てる』という判断ができるので、そういった考えの企業も多いのです。代表的なものとして、製造業や接客業などが挙げられます。

SEなど、これまでの経験があった方がいい業種と、そうでないものがあるのです。

経験をそこまで問わない業種に関しては、『若い』というだけで採用に至るケースも少なくありません。

あとは、面接で明るくハキハキ答えるなど、「この人なら社内でも楽しくやっていけるのでは」といった印象を与えればOK。

自分に適した就職先を見つけるには

そうはいっても、自分自身で就職先を見つけるのは大変な作業。

そこで、就職先を見つける方法として転職エージェントを利用する事をおすすめします。

転職エージェントに登録すると、転職のプロが、これまでの職歴や経験から判断して就職可能な企業を紹介してくれます。

つまり、大きく妥協しすぎる事もなく、高望みしすぎる事もなく、適した企業に就職可能となるのです。

また、応募書類の添削や面接の練習もしてもらえますし、応募先企業の好みも把握しているので、それに合わせたアドバイスもしてもらえます。転職活動をするうえでこれ以上こころ強い味方はないでしょう。

もし、登録していない場合は、今すぐにでも登録する事をおすすめします。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク