20代女性の転職は実務経験や資格が必要ない?

スポンサーリンク
涼子
転職したいけどもう少し経験を積んだほうがいいのかな
ジョブ吉
確かに、経験を積むと有利な部分もあるけど20代という若さも十分な武器になるんだよ
涼子
そうなんだ!
ジョブ吉
職種によってはもっとも有利になるのが20代なんだ
スポンサーリンク

20代の女性の転職は有利に働く

20代の転職は長く勤務していたとしても10年ほど。けして経験豊富という見方がされないので転職活動にも不安を感じてしまうでしょう。

しかし、20代は女性にとって人生の転機が訪れる時期でもあり、将来を見据えた新しいスタートの時期でもあります。

  • 結婚や出産といった事を考えるとこのままでは不安
  • スキルアップをしたい
  • 自分の能力をもっと活かせる環境に移りたい
  • パワハラやセクハラに耐えられない
  • 別業種に挑戦したい

などなど、転職したい理由や悩みは様々。

悩めば悩むほど『転職』を意識するのは自然な流れです。

しかし、転職を意識した時に考えるのは『希望』や『楽しみ』といった前向きな気持ちより、「本当に転職していいのだろうか」「いい転職先が見つかるだろうか」といった『不安』な気持ちの方が強いかと思います。

考えれば考えるほど保守的になり転職が難しくなってしまいますね…。

でも、そこまで不安にならなくて大丈夫です。なぜなら、女性の20代の転職は最も有利な年代とされているからです。

逆に、30代40代になってからの転職は難しくなります。転職において『若さ』という武器を使えるのは、今だけの限定です。

後々、後悔しないためにも、今回は20代女性の転職について不安解消やアドバイスをまとめます。

20代という若さで転職する理由

20代という若さで転職する理由にはどういったものがあるのでしょうか?

女性のための転職サイト『とらばーゆ』では、20代の女性の転職理由をアンケート調査しました。こちらを確認してみましょう。

【20代女性の転職理由ランキング(とらばーゆ調べ)】

1位 経験の幅を広げたい(41.7%)
2位 スキルアップしたい(37.6%)
3位 給与・昇給など待遇に不満がある(36.2%)
4位 休日数、残業、勤務時間に不満がある(27.0%)
5位 仕事にやりがいを感じない(26.4%)
6位 仕事内容が自分に合わないと感じた(20.7%)
7位 会社や業界の将来に不安がある(19.3%)
8位 他にやりたい職種がある(17.5%)
9位 職場の人間関係に不満がある(13.2%)
10位 自分の能力を発揮できない(8.7%)

引用元:とらばーゆ

複数回答が可能となっているアンケート調査ですが、1位2位は『経験の幅を広げたい41.7%』『スキルアップしたい37.6%』という前向きな理由が並んでいます。しかし、一方で『給料・昇給など待遇に不満がある36.2%』『休日数、残業、勤務時間に不満がある27%』といった理由もかなりの割合で上位に食い込んでいますね。

大きく分けると、『キャリアアップのため』と、『現状に不満を感じている』という2つの転職理由に分けられますが、割合としては半々ほどになっています。

昔に比べて、女性の管理職も増えてきました。また、女性が働きやすい環境も整ってきています。女性は様々な職場から必要とされているという事です。そのため、持っている能力(資格や語学力など)を活かして転職を好機と捉えて行動しようとする人が増えているのです。

一方で、給料面や、勤務体系、人間関係に悩んで転職を考える人も少なくありません。どんな会社でも少なからずある事ですが、状況によっては耐えられない事もあるでしょう。実際に、アンケート調査でも半数の人がそういった事を理由としていますし、恥ずかしい事ではありません。

さらにアンケート調査の回答内容を見てみると、

  • 長い間勤めていても保険制度がしっかりしていなかった。給料も上がらず何の為にここで長く働いているのか分からなくなった(東京都/29歳)
  • 今の仕事は勤務時間が不規則で、夜勤もしばしばあります。残業も多く、定時で上がれることなんてほぼないです。若い時は体がついてきたのですが、30才を目前にしてずっと働けるかが不安で転職を考えるようになりました(愛知県/27歳
  • 3ヶ月ごと一気に出されるシフト制で、休みの希望は出せず、すべて勝手に組まれる。有給はあるが、土日休みは代替者を立てないと取れない(愛知県/25歳)

こういった環境で働いている場合は、その会社に居る限りまず悩みが解決する事はありません。キャリアアップを目的とはしていないかもしれませんが、こういった状況を打破しようとするのは前向きな考え方でもあります。

また、

  • 職場の上司から「もっとがんばれよっ!」「もっと真剣に仕事しろよ」と強い口調で怒られ…。毎日営業で外回りしながら例え結果が出なくても、過程はがんばっています。それにもかかわらず、真剣に仕事しろよなんて心ない言葉をかけられてはやはりモチベーションも下がります(埼玉県/27歳)
  • 上司からの発言(名誉棄損レベル)に耐えられなくなり、自分のスキルアップにいい機会と思ったから(愛知県/23歳)

こういったパワハラや人間関係に悩んで転職を考える人も少なくありません。

中には、こういった環境から脱出できずに追い込まれてうつ病になったり最悪のケースを選択してしまう人も少なくありません。

精神的に追い込まれて、心の病を持ってまでその会社に拘る必要はあるのでしょうか?こういったケースでも転職は逃げ出す行為ではなく前向きな選択肢だと考えられます。

キャリアアップを目的とした転職だけでなく、セクハラやパワハラ、ブラック企業など、こういった事を理由にするのも、将来や健康の事を考えた立派な転職理由だという事です。

実務経験が全てではない20代の転職

転職活動をするにあたって重要視されるのは『実務経験』となりますが、20代の転職となると実務経験をあまり積めていない事も少なくありません。

有りがちな求人内容として、

  • 2年以上の実務経験
  • 同業種を経験

といったものがあります。

では、これらの条件に達していない場合はその地点で振り落とされてしまうのでしょうか?

実は、そんな事はありません。
20代には若さという武器があり多目にみてもらえる機会も少なくないのです。

30代40代になると何かしらのスキルがないと理想通りの転職は難しくなるでしょう。

しかし、20代であれば、転職先でも『育てる』という判断が可能です。若い人は新しい事をどんどん吸収していく能力がありますし、上手く成長してくれれば会社に貢献できる人材になる可能性を秘めています。

一方で、ある程度の年齢になると、プライドが邪魔をして新しい事を身につける事が難しくなります。育てる側の人間が年下という機会も増えてくるので尚更ですね。むしろ、会社にとってマイナスになってしまう可能性もあるのです。

ですので、書類が通り、面接の機会が得られた場合は、『やる気』や『向上心』といった部分をめいいっぱいアピールしましょう。そして、これまで培ってきた誇れる事をどんな些細な部分でもしっかり伝えましょう。面接官に「この人は育てれば将来的に戦力になるのでは」という気持ちになってもらえれば十分に雇ってもらえる可能性があります。

条件が全く合わない職種に転職したい場合もあるでしょう。そういった場合でもとにかく応募をしなくては始まりません。アピールする機会を作らない限りは可能性もでてこないのです。

まずは行動しよう!

ジョブ吉
どうだい?前向きにやる気になれたかい?
涼子
そうだね!実務経験より『若さ』が優先される事もあるんだね!
ジョブ吉
そうなんだ!逆に30代40代では思い通りの転職ができない事も多いから早めの転職が有効なんだ

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク