転職活動に1年もかかってしまった…、短期間で決めるには?

スポンサーリンク

転職活動の活動期間の目安は『3ヶ月』とされています。

初月に、さまざまな企業に応募書類を送り、2ヶ月目には、さまざまな企業で面接を受ける。そして、その結果が3ヶ月目に徐々に出始める。

出来ることなら、3ヶ月目には数社の内定をもらい、求職者側が選べる立場になっておきたいところです。

特に離職してからの転職活動は、長引けば長引くほど、企業側も警戒してしまい内定をもらえない事態に…。
転職活動にはスピーディさも求められるのです。

しかし、時には、半年や、中には1年という期間、転職活動を行っても内定をもらえないという事態も起こりえます。

なぜ、こういった事になってしまうのか?今回は、その理由を探っていきます。

スポンサーリンク

なぜ、長期間に渡り、転職が決まらないのか

※今回は、実際に転職活動に1年の期間を要したAさん(男性)の例で紹介します。

Aさんは大学卒業以来、全国で有名な清掃会社の営業職に勤めていました。

入社3年目には結婚、お子さんも同時期に生まれています。

順調に実績を残し、5年目には主任、新入社員の教育にも力を入れていたと言います。

しかし、勤務していた企業は、残業がとにかく多く、帰宅は11時頃。時には翌日になる事もありました。(Aさんは車通勤のため、終電は関係ない)

それでも、営業職のため残業代もつかず…。なにより、帰った時には子供が寝ている生活が辛くなってきたそうです。

忙しく家に帰って寝るだけの日々が続き、子供に朝出勤するときに「また遊びに来てね!」と笑顔で言われた事もあったそうです。この事が転職を後押ししたとも言っていました。

確かに、自分の子供にたまに会うおじさんといった扱いをされるのは悲しい部分がありますよね…。

また、業務で培った営業能力を他の企業でも試してみたいという気持ちが強くなったと言います。

そして、Aさんは離職して転職活動を始める事にしたのですが、それから1年も転職活動をする事になります。

なぜ、それだけの期間がかかってしまったのか確認していきましょう。

魅力ある企業を狙いすぎた

Aさんは、営業能力に自信があったので、好条件の営業職ばかりを目指したと言います。

企業規模もできるだけ大きく、福利厚生の面でも充実した企業。

しかし、ことごとく、不採用。

その上、好条件を目指して転職活動を始めたので妥協ができなくなり、面接で聞いた内容が納得いかないと、Aさん側から断るといった事も繰り返したそうです。

転職活動で陥りがちな罠ですが、高望みをし過ぎると、後々妥協ができなくなります。
どことなく、ギャンブルにも似ていますね…。パチンコで「あと1,000円で出るかも」といった感覚と同じで引くに引けなくなってしまうのです。
もちろん、キャリアアップを目指すのは大切な事ですが、妥協点を探す事も重要です。
中小企業にもやり甲斐のある仕事は沢山ありますし、しっかりと見極めていけば、十分転職可能な企業にも魅力ある求人があるはずです。

面接で柔軟な受け答えが出来なかった

Aさんは、前職の実績に誇りを持っており、他業種の営業職への応募でも、過去の実績の話を中心にアピールしてしまいました。

しかし、ウェブ関連の企業で清掃業の営業実績を話されてもピンとくるわけもありません。

清掃という分野を通し、お客様に喜んで頂く、それを考えながら営業をしてきました。
それは、ウェブサイトに関しても精通している部分があると思うので、これまでに培った経験を生かし御社に貢献したいと思います。
など、共通点を見い出しアピールできると状況が変わってきたかもしれません。
面接は、相手がどういった解答を求めているのか見極めて対応していく必要があるのです。

清掃会社での繋がりで就職できると考えていた

Aさんは、清掃会社に勤務中、さまざまな企業への出入りがあり、良好な関係を築けていたので、その人脈を通し仕事を探す事も可能だと考えていました。

しかし、実際には採用してもらえる企業がなかったと言います。

転職活動において、人脈はとても重要ですが、不確定要素も多いのでそれに頼りすぎてしまうのも高リスクです。
基本的には、ご自身で仕事先を探す覚悟をしたうえで転職活動を始めるようにしましょう。

最終的な転職手段

Aさんは、ご自身で転職活動を続けていましたが、9ヶ月目に入り、転職エージェントに登録しました。

そして、登録後3ヶ月で、転職エージェント経由で転職を成功させます。

Aさんが何より驚いたのが、転職活動でかかっていた手間の8割を転職エージェントが受け持ってくれるという事。

Aさんは時間に余裕が出た分、面接対策などに力を入れる事ができ、無事転職成功という流れになります。

「もっと早くに登録するべきだった…」

Aさんとの対談で何回もこのセリフを聞きました。まさに、経験者が語る本音の気持ちかと思います。

ジョブ吉のブラック企業体験談

ジョブ吉
今は転職をレクチャーする立場だけど、昔はブラック企業で働いていた時期もあるんだ!その時の過酷な体験談を確認してみよう!

【1話目】ジョブ吉はブラック企業出身!

二つの転職エージェントで転職成功!

転職エージェントにはさまざまな種類があり、どれを利用するべきか迷ってしまいますね…。

そこで、今回は、最初に利用するべき2つの転職エージェントを紹介します。この組み合わせが最も効率のいい転職活動に繋がりますよ!

在職中も退職後でも転職エージェントのサポートが転職成功のカギを握ります!

リクルートエージェント

業界最多8万件の未公開求人があり、多方面の業界に強いのが特徴です。

「こんな職種で、こういった希望がある」など、事細かな要望にも応えてくれるでしょう。

まずは、登録しておきたい転職エージェントです。

⇒リクルートエージェント公式HP

マイナビエージェント

転職エージェントとしての歴史が長く企業とのパイプが強いという特徴を持っています。

また、職種別に特化したサービスを展開しているというのも一つの特徴で、きめ細やかなサービスを受けられます。

最終的に転職エージェントのプッシュで内定が決まる事もありますので、是非とも登録して求人を確認してみましょう。

⇒マイナビエージェント公式HP
スポンサーリンク